fbpx

(導入前に確認!)社内通貨を導入することのメリット・デメリットとは?

(導入前に確認!)社内通貨を導入することのメリット・デメリットとは?

社内通貨を導入することで、自社の企業文化を醸成させたり、従業員のモチベーションを上げたいと考えている方も多いことと思いますが、社内通貨は運用が成功すると大きなメリットがある一方でもちろんデメリットもあります。

今回は、社内通貨を導入し、活用することのメリットとデメリット、そして活用に失敗してしまった事例を紹介します。

⇒感謝・称賛をきっかけに組織を活性化させるツール『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら

社内通貨とは

社内通貨とは、その会社のみで使える独自の通貨のことです。

ピアボーナスなどと一緒に導入され、従業員同士で感謝や賞賛すべき行動に対して送られたり、企業も従来の評価制度ではカバーできていない評価すべきことに対して送られるものが社内通貨です。

貯まった社内通貨は、役員陣とのランチ券や福利厚生の利用費、賞与などに反映されるなど企業独自で運用方法が決められています。

↓社内通貨の導入方法や作り方に関する詳細の記事はこちら↓
社内通貨とは?導入方法や作り方のポイント

社内通貨を導入することのメリット

社内通貨を導入し、活用が進んでいくと企業側・従業員側双方に以下のようなメリットがあります。

  • 会社の理念の浸透
  • 行動指針(コンピテンシー)の浸透
  • 従業員のモチベーション向上
  • 離職率の低下
  • 感謝や賞賛を日頃から行う文化の醸成

どのような行動や成果に社内通貨を付与するかの設計によっても変わってきますが、設計次第では会社の理念や行動指針の浸透、そして社内通貨をもらって活用することによる従業員のモチベーション向上などが考えられます。

社内通貨を導入することのデメリット

一方で、社内通貨の導入後に以下のようなデメリットが発生する場合もあります。

  • 社内通貨の運用が形骸化してしまう
  • 社内通貨の管理が煩雑化して大きな管理工数がかかってしまう
  • 社内通貨の利用が一部の従業員に偏ってしまう
  • 社内通貨で交換できるものが魅力的でないと、貯めようとならない

などと、導入後の運用の部分で管理工数がかかってしまうことや、利用されなくなることによって本来の導入目的が達成できないことなどが考えられます。

社内通貨の導入に失敗した事例

社内通貨を導入したA社では、従業員に専用のツールのアカウントを作成してもらい使い始めてもらおうとしたところ、従業員は社内通貨のシステムのことをほとんど理解できておらず、最初にツールにログインした以来、ほとんど活用されずに終わってしまったとのことです。

社内通貨は、まだ日本でも一般的ではなく、かつ企業ごとによって運用方法が異なるため、導入初期のタイミングで「導入する目的と期待する効果、活用イメージ」を従業員が具体的に想像して実践できるレベルで説明することが非常に重要です。

↓社内通貨の導入の際に注意すべきことに関する詳細の記事はこちら↓
社内通貨制度を導入して企業と社員を活性化しよう!

社内通貨を導入して、従業員の定着・活躍を支援しよう

今回は、社内通貨を導入することのメリット・デメリット、導入に失敗した事例を紹介しました。

社内通貨は導入するタイミングで細かく具体的に従業員に活用目的や利用イメージを共有すること、そして運用が形骸化しないために、活用をするための文化を醸成していくことが重要です。

きちんと運用が回れば、企業にとっても従業員にとっても大きなメリットがありますので、定着するまでが大変ですが、定着するまで粘り強く取り組みましょう。

エンゲージメントクラウドの『THANKS GIFT』は、サンクスカードやチャットの機能を通して、従業員の感謝や称賛をきっかけに社内コミュニケーションを活性化させたり、理念浸透に繋げていくことが可能なサービスです。

社内通貨と合わせて、通貨を送り合う仕組みや社内通貨を管理する機能を搭載しておりますので、ぜひサービス紹介資料より詳細の情報を確認してみてはいかがでしょうか。

エンゲージメントクラウド『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら