コラム

「クレドはあるけど浸透しない」その企業に共通する失敗例をご紹介!

「クレドはあるけど浸透しない」その企業に共通する失敗例をご紹介!
「あなたの会社に経営理念やクレド(行動指針)はありますか。」おそらく多くの会社が“はい”と答えるでしょう。では、「社員がその行動指針に基づいて、あなたの会社で働いてくれていますか」という問いに対して“はい”と胸を張って言えるでしょうか。今一度、クレドとは何なのか、そしてどのように全社員に浸透させていくかを考えていきましょう。

クレドとは

クレドとはラテン語で「信条」「志」という意味があり、ビジネス上では、企業の経営理念を全社員が体現するための行動指針として用いられています。経営理念が「何のためにこの会社は存在しているのか」「会社の大切にしている価値観は何か」を示すものであれば、クレドは、「この会社で働く社員はどのような行動をとるべきか」を示す重要なものになります。経営理念とクレドが明確になることによって、企業はまとまり、そして同じ方向へ進むことができます。 では実際に、リクルートグループのクレドの例を挙げてみましょう。 参考)https://recruit-holdings.co.jp/sustainability/policy/policy/ 行動指針 ・事業で社会に貢献する ・社会の期待に応える ・企業市民としての責任を果たす リクルートグループは【一人ひとりが輝く豊かな世界の実現】を理念に掲げ、リクルート社員は理念を体現するために、この行動指針をもとに働いていると考えられます。この行動指針が全社員に共有されている限り、大切している経営理念は体現され続けるのではないでしょうか。

作っただけで満足、じゃ意味がない。クレドの共有という高い壁

「よし、経営理念とクレドを導入したぞ」と満足し、意気込む一方で、いざ全社員に共有しましょうとなると、途端に高い壁にぶつかってしまう方も多いのではないでしょうか。それでは、あなたもぶつかるかもしれない様々な企業で実施されたクレドの共有方法における【失敗例】について3つご紹介します。 ・クレドの共有方法における失敗例 (1) 理念共有会(経営方針発表会、総会 など) 全社員が一同に会し、会社の理念やクレド、ビジョンについて共有を行います。経営者や経営幹部自ら全社員に想いを伝えられるメリットがある一方、一過性のものにすぎないというデメリットもあり、日々の定着には時間がかかります。 (2) 日々の唱和 朝礼(業務開始前の挨拶の場)に、経営理念や行動指針を唱和している企業も多いのではないでしょうか。毎日唱和することで、行動指針の内容を覚えることができます。しかし、実際の業務の中でクレドに基づいた行動が実施されているかどうかを確認、評価するのは判断しづらいと言えます。 (3) クレドカード クレドカードは「クレド」をカード化したもので、全社員に一枚ずつ配布します。こうすることで、いつでもクレドが確認できるので、全社員にクレドを共有させることができます。しかし、日々の唱和と同様、業務の中でクレドに基づいた行動が実施されたかどうかを確認、評価するのは判断しづらいと言えます。 このように多くの企業がクレドを導入しても、いざ共有するとなると壁にぶつかり、結果「社員がその行動指針に基づいて、あなたの会社で働いてくれていますか」という問いに対して、曖昧な回答になってしまっているのです。

THANKS GIFTを活用して、クレドを浸透する方法

『THANKS GIFT』は、ありがとうの紙をカードに書いて渡し合うありがとうカードをアプリ化した社内SNSです。このTHANKS GIFTを用いることで、実際に社員がクレドに基づいた行動を実施されたかを「簡単に」そして「ひと目」で確認、評価することができます。 ・クレドを一つずつコインに落とし込む THANKS GIFTの大きな特徴は、ありがとうカードの代わりに、アプリ上から感謝を伝えたい人にメッセージ付きのコインを贈ることができるということです。このコインを会社のクレドと連動させることで、単に社員間で感謝を伝え合うツールというだけではなく、クレドを用いた360度評価や表彰に繋げることができます。

まとめ

多くの企業で経営理念やクレド(行動指針)が導入されている一方で、その後の運用に悩む企業は少なくありません。「社員がその行動指針に基づいて、あなたの会社で働いてくれていますか」という問いに対して、胸を張って“はい”と答えられるように、一つのツールとして『THANKS GIFT』のようなサービスを活用してみてはいかがでしょうか。