201 view

在宅勤務におけるストレスを解消する方法と企業の支援策を紹介

在宅勤務におけるストレスを解消する方法と企業の支援策を紹介

在宅勤務の働き方が浸透している一方で、生活を含めて起きた大きな変化に対してストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。
ストレスへの対処は、企業が在宅勤務を継続していくうえでの重要な課題です。
今回は、在宅勤務における主なストレスや解消法、企業ができる支援策について紹介します。

⇒感謝・称賛をきっかけに組織を活性化させるツール『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら

在宅勤務におけるストレスとは?

はじめに、在宅勤務における代表的なストレスを見ていきましょう。
在宅勤務のストレスは大きく、仕事に関するものと勤務環境へのストレスの2つに分けられます。

在宅勤務下での仕事に関するストレス

在宅勤務での仕事のストレスの原因によく挙げられるのは、コミュニケーション不足です。
物理的に近くにいないため、上司への相談や同僚との何気ない雑談などが減ってしまい、悩みを抱えたり孤独を感じたりしやすくなってしまいます。
お互いの状況が見えない中、コミュニケーションが減れば、意思疎通も難しくなってしまうでしょう。
その結果、担当領域や不明確になったり、偏りが生じたりするなど、仕事の量的な負担によって社員が追いつめられてしまう場合もあります。

在宅勤務環境へのストレス

在宅勤務という環境への変化にうまく対応できない場合にも、ストレスを感じてしまいます。
まず、自宅が仕事場になることで、オンとオフの切り替えが難しくなります。
人によっては、気分転換ができなかったり、ワークライフバランスが取りにくかったりするでしょう。
特に、一人暮らしの場合は、孤独感を感じやすくなると指摘されています。
また、自宅に在宅勤務に適したデスク環境が整っていない場合も、肩こりや腰痛などをはじめ、心身に疲労がたまってしまいます。
加えて、在宅勤務では基本的にICTなどのツールをうまく使いこなせないと普段よりも業務遂行に時間がかかってしまい、ストレスになります。

在宅勤務におけるストレス解消方法

在宅勤務におけるストレス解消法は、上司からのアプローチと本人が行えるセルフケアに分けて考えましょう。

上司や管理職からのアプローチ

まずは、在宅勤務の部下を管理する立場にある上司側からのアプローチ法を紹介します。
前述のように、在宅勤務下ではコミュニケーションが量と質ともに低下しやすいため、オフィス勤務のときよりも部下との交流を増やしていくのが基本です。
ウェブ会議システムなどを活用して、朝礼や定例ミーティングを実施したり、定期的に部下との1on1ミーティングを行ったりしましょう。
ときには上司から何気ない雑談をして、チーム内の雰囲気を和ませるのも良いでしょう。
コミュニケーション不足が気になる場合は、部下のニーズも踏まえたうえで、月に何日かは出社日を設けるのも手です。

また、勤務時には常にチャットをオンにしておく、自分のスケジュールをチーム内に共有しておくなど、常に相談しやすい状態にしておくことも大切です。
加えて、労働時間やチームタスクを管理するツールなどを活用して部下の勤務状況や仕事の状況を可視化し、長時間労働やトラブルなどを未然に防ぐようにしましょう。

本人が行える対処法

自己管理能力が問われる在宅勤務では、セルフケアも肝心です。
まずは、規則正しい生活を心がけましょう。始業前に必ず朝食を取る、遅くとも働くのはこの時間までと決めて睡眠時間をしっかり確保するなど、適度に休憩や運動を取り入れるなど、生活リズムを整えることが大事です。
心身に疲労がたまっていると感じられる場合は、今の環境が在宅勤務に適したものかを見直しましょう。
例えば、デスクやチェアを長時間快適に働けるものに変えたり、空調や照明を導入したりするだけでも、ストレスを大きく軽減できるかもしれません。

在宅勤務のストレスを緩和するための企業側の支援策

在宅勤務で社員がストレスを感じる原因は一つではなく、企業として幅広く支援していくことが大事です。
ここからは、在宅勤務のストレス対処として、企業側ができる支援策の例を5つ紹介します。
自社に導入できるものがないか検討してみましょう。

在宅勤務手当の支給

大手企業をはじめ、在宅勤務を実施している企業の中には、自宅で快適に仕事ができる環境を整備するための費用として、在宅勤務手当を支給しているケースがあります。
例えば、自宅でのWi-Fi環境の整備や光熱費の補填、業務用のデスクやチェアの購入補助などが手当の範囲に該当します。

階層別のメンタルヘルス研修

管理職や若手社員、新入社員など、階層別にメンタルヘルス研修を実施している企業もあります。
在宅勤務ではお互いの状況が見えにくいため、上司が気付かないうちに部下がメンタルの不調に陥ってしまうケースが指摘されます。
いち早く異変に気付けるよう管理職向けに研修を行っておくことが大事です。
また、社会人になったばかりの新入社員には、不安を取り除くためのサポートプログラムも必要でしょう。
e-learningの形式であれば、在宅勤務でも受講可能です。

相談窓口の設置

悩みがあっても、直属の上司には相談しにくい場合もあるでしょう。
テレワーク下での働き方への悩みや質問、心身の不調に対応する相談窓口を設置しておくことも企業側の重要な支援策の一つです。
匿名でも相談できるようにするなど、社員のプライバシーにも配慮することで、多くの社員にとって使いやすいものとなります。
社内ポータルサイトなどを使って、相談窓口の存在を全社員に向けて周知しておきましょう。

アンケートやヒアリング調査

ストレスは、知らず知らずのうちに蓄積してしまうことも少なくありません。
定期的に全社的なアンケートやヒアリング調査を実施し、社員の心身の状態を把握することも大切です。
把握するだけでなく、問題が見つかった場合には迅速な対処が求められます。
例えば、強いストレスを感じていると判明した社員には、産業医との面談機会を設けるなどのケアが必要でしょう。
チームや部署単位でモチベーションの低下が顕著な場合には、管理職への指導が急務と考えられます。

サンクスカードなどのコミュニケーションアプリの活用

社員同士や上司と部下などで、感謝の気持ちを伝え合うサンクスカードを導入するのも良い方法です。
貢献が可視化されるため、承認欲求を満たすことによるモチベーション向上が期待できます。
また、社内に承認・賞賛文化が醸成されるので、前向きなコミュニケーションが活性化していきます。
在宅勤務前に手渡すカードの形で実施していた場合は、オンライン上で実施できるアプリやツールに切り替えると良いでしょう。

従業員が定着・活躍できる組織を作ろう

今回は、在宅勤務における主なストレスや解消法、企業ができる支援策などについて紹介しました。
従業員が定着・活躍できる組織を作るために、自社の従業員の特徴や強みをしっかりと把握し、それぞれがやりがいを持って仕事を行えるよう、人員配置や教育、社内制度を通じた支援を行いましょう。

「THANKS GIFT」は、エンゲージメントを向上させる上で重要な理念浸透や社内コミュニケーションを活性化させる、Web社内報やサンクスカードなどの機能を搭載した社内コミュニケーションツールです。
「THANKS GIFT」を活用して従業員エンゲージメントや働きがいを向上させる取り組みを開始しませんか?

エンゲージメントクラウド
『THANKS GIFT』の
資料ダウンロードはこちらから

サービス資料に含んでいるもの
  • 機能概要
  • 導入企業インタビュー
  • 料金体系
  • サポート体制