fbpx

【導入前に確認!】ピアボーナスサービスのメリット・デメリットとは?

ピアボーナスサービスのメリット・デメリットとは?

感謝や賞賛を相互で行い合う文化を作りたい、企業理念やミッション・ビジョン・バリューを組織に浸透させたいという課題をお持ちの方にオススメなのがピアボーナスのサービスです。

ピアボーナスは比較的新しい言葉であるため、本当に導入して効果があるのか、メリット・デメリットを知った上で導入の検討をしたいと思いの方も少なくないと思います。

今回は、導入前に確認したいピアボーナスサービスを導入するメリット・デメリット、導入前の選定ポイントを紹介します。

⇒感謝・称賛をきっかけに組織を活性化させるツール『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら

ピアボーナスとは?

ピアボーナス とは、「Peer(仲間)」と「Bonus(報酬)」を組み合わせた言葉で、従業員同士で送り合われる報酬のことを指します。

一緒に働く中で賞賛に値すべき言動や感謝したいことをメッセージと社内通貨・ポイントを合わせて送り合い、貯まった社内通貨・ポイントは商品と交換したり賞与として受け取るが可能です。

↓ピアボーナスの説明に関する詳細の記事はこちら↓
ピアボーナスとは?メリットやツール選びのコツを徹底解説

ピアボーナスを導入するメリット

ピアボーナスの制度やツールを導入することで会社には以下のようなメリット・効果を期待できます。

  • 社内コミュニケーションの活性化
  • 会社の理念浸透
  • 行動指針(コンピテンシー)の浸透
  • 従業員のモチベーション向上
  • 離職率の低下
  • 感謝や賞賛を日頃から行う文化の醸成

従業員同士で送り合うことでそのやり取りをする従業員のモチベーションを上げるだけでなく、その取り組み自体が行動指針や理念浸透に繋がったり、日頃のコミュニケーションから感謝や賞賛を行うようになるなどの文化の醸成にまで繋がります。

ピアボーナスを導入するデメリット

ピアボーナスの制度やツールを導入することで以下のようなデメリットも懸念されます。

  • サービスを導入する場合、ランニングコストが発生する
  • 従業員の利用状況を定期的にモニタリングする工数が発生する
  • 利用方法などを従業員から質問を受けて回答する工数が発生する
  • サービスを導入したからといって組織に浸透する訳ではない
  • 一度運用が定着しても、その後形骸化してしまう可能性がある

上記のように、コストや工数面での負担が発生することやサービスの定着・運用に関して失敗してしまうことが考えられます。

ピアボーナス導入時のポイント

ピアボーナスの制度やサービスを導入する際は、実際に利用する従業員にとって使いやすいかどうかや管理者が運用しやすいものかどうかなど事前に確認しておいた方が良いポイントがいくつかあります。

最低でも以下のポイントは導入前に確認しましょう。

  • ピアボーナスの運用目的は何で、それを実現するために必要な機能は何か
  • 管理者の運用コストはどのくらい必要そうか
  • 従業員にとって使いやすいものであるか
  • 想定する費用対効果は、投資をすべき水準であるか

上記を導入の際に確認しておくことで、「結局、従業員が使わなくなった」「ポイントを管理できずに利用を止めた」などの失敗を防げます。

ピアボーナスサービスに必要な機能

一般的にピアボーナスのサービスに必要とされる機能は以下のようなものです。

  • サンクスカード(ポイントをメッセージとともに送り合う機能)
  • ポイント管理機能
  • ポイントと景品を交換する機能 ※賞与に反映する企業は除く
  • 利用履歴確認機能(管理者向け)

他にもピアボーナスに関連した機能はいくつもありますが、ピアボーナスサービスによって異なりますので、投入の目的を達成するためにはどのような機能が必要なのかを予め整理しておくと、サービスも選定しやすくなります。

メリット・デメリットを把握した上でピアボーナスのサービスを導入しよう

今回は、ピアボーナスサービスメリっちゃデメリット、導入時のポイントについてを紹介しました。

従業員全員が使うツールだからこそ、利用目的や利用イメージを明確にした上で自社に合うピアボーナスのサービスを選定しましょう。

エンゲージメントクラウドの『THANKS GIFT』では、サンクスカードやチャットの機能を通して、従業員の感謝や称賛をきっかけに社内コミュニケーションを活性化させたり、理念浸透に繋げていくことが可能なサービスです。

サービス紹介資料をダウンロードして、自社の組織運営の活動に活用できるか確認してみてください。

ピアボーナスのサービスなら『THANKS GIFT』!資料ダウンロードはこちらから

福利厚生サービス