20512 view

職場内で同僚や上司・部下と良い信頼関係を築く方法とは?

職場内で同僚や上司・部下と良い信頼関係を築く方法とは?

職場内で信頼関係を築けていないため仕事を進めにくいと感じていませんか。
上司や部下、同僚と信頼関係を築けていないと、コミュニケーションすらとれないこともあります。
職場内の信頼関係は仕事を進めるため欠かせないといえるでしょう。
今回は、職場内で信頼関係を築く重要性と信頼関係の築き方について紹介します。

職場で信頼関係を築けている状態とは?

職場内の信頼関係は非常に重要です。
具体的に、どのような状態であれば信頼関係を築けているといえるのでしょうか。
信頼は「信じて頼りにすること」あるいは「頼りにできると信じること」を意味します。
双方がこのように感じている状態を、信頼関係が築けている状態といえるでしょう。
例えば、「部下のAさんに任せておけば安心」「先輩のBさんに相談すれば問題解決の糸口をつかめるはず」などと考えている状態が該当します。

このような状態を最初から構築できるわけではありません。
「Aさんはミスなく仕事を進めてくれた」「Bさんは役に立つアドバイスをしてくれた」など、双方が実績を積み重ねることで信頼関係は構築されます。
日々の行動を意識して、信頼を獲得していくことが重要です。

職場内で良い信頼関係を築く重要性

職場内で信頼関係を築くことには、さまざまなメリットがあります。
具体的に、以下のようなメリットを紹介します。

最も大きなメリットは、組織の生産性を高めやすくなることです。
同じメンバーでより多くの業務をこなせるようになることや新しい問題解決の方法を見つけ出すことなどが考えられます。
生産性を高められる理由は、職場内のコミュニケーションが円滑になるからです。
スタッフ間の情報共有が進むため、業務上の連携を取りやすくます。
例えば、業務が集中しているスタッフを、他のスタッフが手伝うなどができます。
だから、同じメンバーでもより多くの業務をこなせるようになるのです。
また、信頼関係が構築されると、感情的な対立がなくなるため建設的な議論も行いやすくなります。
その結果、これまでとは異なる問題解決の方法などを導き出せることがあります。

職場への定着率が向上する可能性がある点も見逃せません。
定着率が向上する理由は、職場内の人間関係が良くなるからです。
困ったときに頼れる存在がいるため、すべてのスタッフが安心して働けるようになります。
厚生労働省が発表している「令和2年雇用動向調査結果の概況」によると、「職場の人間関係が好ましくなかった」ため前職をやめた転職入職者の割合は男性8.8%、女性13.3%です。
「その他理由(出向等を含む)」「定年・契約期間の満了」を除くと、男性は2番目、女性は1番目に多い理由となっています。
スタッフが退職すると、採用活動のコストがかかるうえ残ったスタッフにこれまで以上の負担がかかってしまいます。
職場への定着率が向上する可能性がある点も、信頼関係を構築する大きなメリットといえるでしょう。

職場内で良い信頼関係を築く方法

職場内で信頼関係を築くと、成果を出しやすくなる、働きやすくなる可能性があります。
信頼関係をどのように築けばよいのか意識したいポイントを紹介します。

基本のポイントといえるのが、相手と交わした約束を守ることです。
自分の言葉に責任をもつと言い換えることもできます。
約束を守らなければならない理由は、この人は言動と行動が違うと思われると信頼されなくなってしまうからです。
反対に、言ったことは守ると思われると、言葉を信じてもらえるため信頼されやすくなります。
約束は、信頼関係を築いてからも守り続けることが重要です。
約束を守らなくなると、信頼関係は簡単に崩れてしまいます。
失った信頼を取り戻すことは非常に難しいといえます。

相手の話に耳を傾けることも重要といえるでしょう。
特に、上司や先輩に求められる取り組みです。
耳を傾けなければならない理由は、意見や相談が許される相手だと伝えるためです。
部下や後輩は、勇気を振り絞って意見や相談をしているケースが少なくありません。
途中で話を遮る、煩わしそうに話を聞くなどすると、コミュニケーションをとりづらい相手と捉えられる恐れがあります。
話をしても無駄と思われると、信頼関係を築けません。
相手の目を見て話を聞く、適切なタイミングで相槌を打つ、相手の話をまとめて繰り返すなどを心がけて、相手の話や行動を受け入れていることを示す必要があります。

もちろん、話をするときも気を付けたいポイントはあります。
具体的には、相手の立場に配慮した言動を心がけることが重要です。
相手の立場に配慮する理由は、相手を尊重していることを伝えるためです。
多くの人は自分が職場内で尊重されていると感じることで、安心して働けるようになります。
例えば、相手が担当している業務の進行状況を確認してから仕事をお願いする、手が空いているタイミングを見はからって相談をするなどが考えられます。
各メンバーが互いを尊重しあうことで信頼関係は醸成されます。

他には、積極的に称賛や感謝の気持ちを伝えて相手を肯定することも重要です。
頑張りや気遣いを認められると、多くの人は信頼されていると感じて安心して働けるようになります。
上司から部下だけでなく、部下から上司、同僚間で賞賛や感謝の気持ちを伝えられると、職場内の信頼関係は構築しやすくなります。
仕事の成果だけでなく、普段は目立たないサポートなども称賛や感謝の対象にできると、職場の一体感は高まります。

職場で称賛や感謝の気持ちを伝えられる仕組み作りの重要性

称賛や感謝の気持ちを積極的に伝えることは、信頼関係の構築に役立ちます。
しかし、実際に伝えるとなると、ややハードルが高いといえます。
心の中では称賛・感謝していても、言葉では伝えない人が多いでしょう。
このような問題は、ピアボーナスを導入することで解決できる可能性があります。

ピアボーナスは、スタッフ同士が気軽に報酬を送りあえる仕組みです。
具体的には、インターネットを介したコミュニケーションツールを活用して感謝の気持ちを伝えるサンクスカードを送りあうことなどができます。
スマホやPCから相手を選んでメッセージを入力するだけで賞賛や感謝の気持ちを伝えられるため非常にお手軽です。
サービスによっては、サンクスカードと社内通貨(ポイント)を連動させることや定期的に集計してインセンティブと結びつけられます。

おすすめの社内コミュニケーションツール「THANKS GIFT」

THANKS GIFT_サービスサイトトップ

THANKS GIFT(サンクスギフト)は、感謝を贈り合うことで社内コミュニケーションを活性化させ、社内文化を醸成でき組織や社内の生産性向上、エンゲージメント向上に寄与するツールです。
大手IT製品レビューサイトでは、プロダクトの機能の豊富さや使いやすさ、サポートの充実度などで評価いただき、複数のカテゴリにおいて満足度No.1を獲得しています。

THANKS GIFTの資料ダウンロードページはこちらをクリックください

THANKS GIFT_機能一覧

THANKS GIFT(サンクスギフト)は、感謝や称賛を伝え合うサンクスカードをはじめ、経営者の思いや従業員のコミュニケーションを活性化させるWeb社内報、組織の課題を把握するための組織サーベイなど、組織づくりを行う上で必要な機能を搭載したプロダクトです。

良い信頼関係を築ける仕組みを作り、従業員が定着・活躍できる組織を作ろう

今回は、職場内で信頼関係を築く重要性と信頼関係の築き方などについて紹介しました。
社内コミュニケーションは、生産性や従業員の定着に大きな影響を与えるため、会社としても支援や対策を行っていきましょう。

「THANKS GIFT」は、エンゲージメントを向上させる上で重要な理念浸透や社内コミュニケーションを活性化させる、Web社内報やサンクスカードなどの機能を搭載した社内コミュニケーションツールです。
「THANKS GIFT」を活用して、感謝や称賛のコミュニケーションを増やして、社内コミュニケーションを活性化させませんか?
ぜひ、サービス紹介資料をダウンロードいただき、貴社での良い信頼関係づくりに活用できそうかご確認ください。

エンゲージメントクラウド
『THANKS GIFT』の
資料ダウンロードはこちらから

サービス資料に含んでいるもの
  • 機能概要
  • 導入企業インタビュー
  • 料金体系
  • サポート体制
職場内 信頼関係