10216 view

働きやすい職場とは?特徴や具体的な取り組み内容・事例を紹介

働きやすい職場とは?特徴や具体的な取り組み内容・事例を紹介

職場環境の良し悪しは社員の仕事に対するモチベーションに大きく影響します。
誰もが働きやすいと感じる職場が実現できれば、企業としての生産性は大きくアップするはずです。
しかし、その具体的な方法がわからないという人は少なくないでしょう。
今回は、働きやすい会社の特徴やそれを目指すためのポイント、実際に企業が行っている取り組み事例などについて紹介します。

働きやすい職場の意味と特徴

働きやすい職場と聞いて、真っ先に思いつくのは風通しのよい職場環境ではないでしょうか。
上の人がいうことにただ従って働くだけでは、なかなか仕事にやりがいを感じることはできません。
社員の声を会社がしっかりと受け入れ、必要に応じて現場に反映していく職場は働きやすい会社の基本的な特徴です。
こういった会社では同僚同士や上司と部下の関係性も自然とよくなり、業務が円滑に進められる人間関係が構築されます。

さらに、他部署との交流も盛んになり、企業全体に活気が出るのもポイントです。
業務の量が適正かどうかも働きやすい会社かどうかを左右します。
いくら人間関係がよいとしても、仕事量が多すぎるとストレスの原因となるでしょう。
長時間残業が慢性化し、疲れがたまるとギスギスとした雰囲気になりやすいです。
仕事量がほどほどで精神的に余裕を持ててこそ、人は働きやすさを実感できます。

また、ライフワークのバランスを考えるうえで休みが取りやすいかどうかも非常に重要です。
休みがほとんどない会社で気持ちよく働くのはなかなか難しいでしょう。
労働時間が短く休みが長い会社ほど、仕事の効率がよくなるというデータもあります。
なにかあったときに気軽に休める職場だと社員にとってのメリットは大きく、会社への信頼感にも繋がるでしょう。
働きやすい会社は福利厚生も整っていることが多いです。

福利厚生が充実しているからといって、その会社がよいとは断言できませんが、働きやすい会社かどうかの基準のひとつであるのは間違いないでしょう。
雇用保険、厚生年金保険、労災保険などは会社であれば当然あるべきもので、ここで差がつくことはあまりないです。
住宅手当や家族手当などの額は会社によって差があるので、この部分が手厚いと社員の定着率は上がる傾向にあります。
福利厚生の内容は会社によって様々です。
例えば、美味しい料理を安価で提供してくれる社員食堂があれば、社員は金銭面で助かるだけでなく、仕事に対するやる気もアップするでしょう。
育児中の社員が気軽に利用できる託児施設などがあると、仕事のやりやすさは大きく変わります。
どのような福利厚生が働きやすさに繋がるかは人によって違いますが、できるだけ多方面に展開し、社員の生活をサポートすることが理想です。

↓働きやすい職場環境の共通点や条件、事例について紹介した記事はこちら↓
働きやすい職場環境の共通点や条件とは?企業の取り組み事例も紹介

働きやすい会社を目指すために取り組むべき内容

働きやすい会社を目指すためにはいくつかやるべきことがあります。

1.人事評価制度を策定する

適切な人事評価制度があってこそ、社員のモチベーションは維持できますし、さらなる高みを目指す原動力になります。
人事評価を整えるためには明確な基準を設け、社員が納得できるようにしなくてはなりません。
頑張ったら頑張っただけ評価される、ということは簡単ではありますが、その基準を用意するのは意外と難しいものです。
経営者や上司の気分で評価が変わるのではなく、客観的な指標が必要となります。
営業成績など、数値化できるものだとわかりやすいでしょう。
それに加え、成果に至るまでの過程も評価基準に入れることで、より正しく評価ができます。

2.従業員の誰もが働きやすいように整備する

働きやすい会社を実現する上で、女性の働きにくさが問題になってしまう企業は少なくありません。
任される仕事に差がある、出産や結婚後の待遇など、女性が不利を感じる機会はよくあります。
育休制度や短時間勤務制度など、女性が結婚や出産などで一度仕事を離れたあとに戻りやすくする支援が重要です。

3.ハラスメントの対策を行う

ハラスメントは、男女問わず様々な社員に発生する問題です。
定期的なアンケート調査、外部の専門機関に相談窓口を設置するなど、ハラスメント対策は万全にしておくのが望ましいです。

4.学習の機会の創出や支援を行う

社内研修など、社員のスキルアップを後押しする制度があると会社での働きやすさは増します。
定期的に社内研修を開催し、外部のセミナーに参加する機会も多くしておくとよいでしょう。
能力が高まるのはもちろん、今後のキャリアプランについて考えるきっかけにもなります。
社員それぞれが将来的な目標を持つことで、会社としても業績を飛躍的に伸ばすための下地を作ることができます。

働きやすい職場を作るための取り組み事例

1.Google

世界的に有名なGoogleでは業務時間の20%を好きな仕事やプロジェクトに割り当てられる「20%ルール」を設けています。
本来であれば、自分が担当ではない仕事をそう簡単にすることはできません。
しかし、この「20%ルール」では希望を出すだけで、業務時間の20%内であれば、その仕事を行えます。
全社員がフラットに働ける、斬新な取り組みです。

2.ソフトバンク株式会社

スマートフォンのトップ企業のひとつであるソフトバンク株式会社では在宅勤務制度に力を入れており、副業を解禁するなど、社員が最適に働くためのワークスタイルを追求しています。
そのなかで最も目を引く制度がスーパーフレックスタイムです。
スーパーフレックスタイムでは普通のフレックスで存在するはずのコアタイムがありません。
業務の状況次第で自由に始業時間と終業時間を決めることができます。
個人の生産性を最大限に高める姿勢は参考になる点も多いでしょう。

3.花王株式会社

化学製品の大手会社である花王では女性が働きやすい職場づくりに長年取り組んでいます。
2006年に国が育児に関する働き方改革の構想を打ち出す前から、社員の育児を手厚くサポートしています。
花王の育児休暇制度は満1歳の4月末までとなっており、これは法律で定められた期間よりも長いです。
花王で働く女性社員の育児休暇取得率はほぼ100%となっており、男性も3人に1人以上が育児休暇を取得しています。

従業員が定着・活躍できる組織を作ろう

今回は、働きやすい会社の特徴やそれを目指すためのポイント、実際に企業が行っている取り組み事例などについて紹介しました。
従業員が定着・活躍できる組織を作るために、自社の従業員の特徴や強みをしっかりと把握し、それぞれがやりがいを持って仕事を行えるよう、人員配置や教育、社内制度を通じた支援を行いましょう。

『THANKS GIFT』は、エンゲージメントを向上させる上で重要な理念浸透や社内コミュニケーションを活性化させる、Web社内報やサンクスカードなどの機能を搭載した社内コミュニケーションツールです。
『THANKS GIFT』を活用して従業員エンゲージメントや働きがいを向上させる取り組みを開始しませんか?

エンゲージメントクラウド
『THANKS GIFT』の
資料ダウンロードはこちらから

サービス資料に含んでいるもの
  • 機能概要
  • 導入企業インタビュー
  • 料金体系
  • サポート体制
働きやすい職場 意味