fbpx

ホワイト500とは?健康経営優良法人の認定基準や審査の流れを紹介

ホワイト500とは?健康経営優良法人の認定基準や審査の流れを紹介

「ホワイト500」という言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
「ホワイト500」とは健康経営優良法人の一部のことです。
認定されることで企業のイメージアップにつながるだけでなく、株価の上昇をはじめ、人材の採用や資金調達などにもプラスに働くため、非常に注目を集めています。
今回は、ホワイト500の概要や健康経営優良法人の認定基準や審査の流れなどについて紹介します。

⇒感謝・称賛をきっかけに組織を活性化させるツール『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら

健康経営優良法人認定制度とホワイト500とは?

健康経営優良法人認定制度とは、従業員の健康維持や増進を行った法人に対して、経済産業省が表彰するという制度です。
実は、一口に健康経営優良法人認定基準といっても、中小規模法人部門と大規模法人部門の2種類があります。
健康経営優良法人2019までは大規模法人部門で認定された全ての法人を「ホワイト500」としていました。
しかし、健康経営優良法人2020から制度が変更となり、大規模法人部門認定法人の中でも調査結果上位500法人のみを「ホワイト500」と呼ぶことになりました。
この記事では「ホワイト500」が含まれる大規模法人部門について紹介しています。

健康経営優良法人・ホワイト500に認定されることのメリット

経済産業省によって、健康経営優良法人(又はホワイト500)に認定されると、さまざまなメリットを得ることができます。

1.優秀な人材が集まる

働きやすい会社であることが広く世間に広まると、その企業で働きたいという人たちが多く集まります。
求人広告を出すなど人材を採用するための費用を削減することができます。
そして、求職者たちが増えれば、その分、優秀な人材を採用しやすくなります。

2.社員のモチベーションがアップする

社員の健康維持や増進を行っている企業であれば、日々、快適に働くことができます。
また、「自分たちを大切にしてくれているんだ」という気持ちから、社員の企業への信頼感も高まります。
そのため、社員の仕事へのモチベーションもアップします。

3.業績の向上が期待できる

企業のイメージがアップすると、ブランド力が強まります。
たとえば、同じようなサービスや商品が並んでいた場合、消費者はイメージがよい方を選ぶものです。
企業のブランドイメージが向上することが消費者の購買活動にも影響を与えることによって、企業の業績向上を期待できます。

健康経営優良法人・ホワイト500の認定基準

大規模法人部門での健康経営優良法人に認定されるためには、5つの大項目の要件を満たさなくてはなりません。
要件は以下の5つです。

1.経営理念(経営者の自覚)

評価項目は「健康宣言の社内外への発信(アニュアルレポートや統合報告書等での発信)」と「トップランナーとして健康経営の普及に取り組んでいること」です。

2.組織体制

評価項目は「健康づくり責任者が役員以上であること」と「健保等保険者と連携していること」です。

3.制度・施策実行

制度・施策の実行の評価項目は17項目あります。1~15までの項目のうち、12項目を満たさなくてはなりません。

  • 1.定期健診受診率(実質100%)
  • 2.受診勧奨の取り組み
  • 3.50人未満の事業場におけるストレスチェックの実施
  • 4.健康増進・過重労働防止に向けた具体的目標(計画)の設定(※「健康経営優良法人2021」の認定基準では必須項目とする)
  • 5.管理職又は従業員に対する教育機会の設定※「従業員の健康保持・増進やメンタルヘルスに関する教育」については参加率(実施率)を測っていること
  • 6.適切な働き方実現に向けた取り組み
  • 7.コミュニケ-ションの促進に向けた取り組み
  • 8.病気の治療と仕事の両立の促進に向けた取り組み(メンタルヘルス不調者への対応に関する取り組み以外)
  • 9.保健指導の実施及び特定保健指導実施機会の提供に関する取り組み※「生活習慣病予備群者への特定保健指導以外の保健指導」については参加率(実施率)を測っていること
  • 10.食生活の改善に向けた取り組み
  • 11.運動機会の増進に向けた取り組み
  • 12.女性の健康保持・増進に向けた取り組み
  • 13.従業員の感染症予防に向けた取り組み
  • 14.長時間労働者への対応に関する取り組み
  • 15.メンタルヘルス不調者への対応に関する取り組み
  • 16.受動喫煙対策に関する取り組み
  • 17.産業医又は保健師が健康保持・増進の立案・検討に関与

4.評価・改善

評価項目は「健康保持・増進を目的とした導入施策への効果検証を実施していること」です。

5.法令順守・リスクマネジメント

評価項目は「定期健診の実施、健保等保険者による特定健康診査・特定保健指導の実施、50人以上の事業場におけるストレスチェックの実施、従業員の健康管理に関連する法令について重大な違反をしていないこと」などです。
どのように行っているのかは自主申告となっています。

経済産業省がこれらの項目を調査した結果、上位の500法人を「ホワイト500」に認定しています。

健康経営優良法人・ホワイト500の審査の流れ

健康経営優良法人の認定を受けるためには、まずは「健康経営度調査」を入手します。
具体的な入手の方法については、経済産業省のホームページ「健康経営度調査専用ページ」にアクセスしてみましょう。
「健康経営度調査」に回答すると、健康経営優良法人認定事務局から「健康経営度調査フィードバックシート」が送付されてきます。
その際、健康経営優良法人(大規模法人部門)認定基準を満たしていれば、「申請書及び誓約書等」も一緒に入っています。
「健康経営度調査」は審査に必要なものですが、役割はそれだけではありません。
たとえば、「健康経営を始めたいけれど、どうすればよいのか分からない」という企業もあるでしょう。
そうした企業は、この調査に回答することで何から取り組めばいいのか分かるようになっています。

次に、主たる保険者との連名で「申請書及び誓約書等」に必要事項を記入して、健康経営優良法人認定事務局へ提出します。
すると、健康経営優良法人認定委員会による審査が実施され、その審査に通ると、日本健康会議において健康経営優良法人に認定されます。
審査において上位500に選ばれた法人は「ホワイト500」に認定されます。

従業員が定着・活躍できる組織を作ろう

今回は、ホワイト500の概要や健康経営優良法人の認定基準や審査の流れなどについて紹介しました。
従業員が定着・活躍できる組織を作るために、自社の従業員の特徴や強みをしっかりと把握し、それぞれがやりがいを持って仕事を行えるよう、人員配置や教育、社内制度を通じた支援を行いましょう。

『THANKS GIFT』は、エンゲージメントを向上させる上で重要な理念浸透や社内コミュニケーションを活性化させる、Web社内報やサンクスカードなどの機能を搭載した社内コミュニケーションツールです。

「THANKS GIFT」を活用して従業員エンゲージメントや働きがいを向上させる取り組みを開始しませんか?

エンゲージメントクラウド『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちらから

ホワイト500