企業が福利厚生を導入するメリットとは?福利厚生の種類や制度の事例を紹介

企業が福利厚生を導入するメリットとは?福利厚生の種類や制度の事例を紹介

従業員がより安心して働き続けるために重要なものの1つが福利厚生です。

法定外福利厚生に関しては、各企業独自に福利厚生が提供されるため、各企業の従業員の定着や活躍に対する考え方や思いが反映されるものとなっています。

今回は、福利厚生の種類や福利厚生を導入するメリット、福利厚生制度の事例について紹介いたします。

⇒感謝・称賛をきっかけに組織を活性化させるツール『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら

福利厚生とは?

福利厚生とは、企業から従業員に提供される給与以外の報酬のことで、「より安定した生活を送ってもらう」ことや「働きやすい環境を整備することで活躍してもらう」ことのために導入されます。

従業員が長く定着・活躍するためにも重要ですし、採用活動においても採用候補者が入社を決める際の決め手の中の1つに入ることもあるため、企業においては重要なものの1つです。

福利厚生は、

  • 法定福利厚生:法律で義務付けられている福利厚生
  • 法定外福利厚生:法律で義務付けられていない、企業が独自に提供する福利厚生

に2分され、法定外福利厚生の充実度や内容は企業によって異なります。

企業が福利厚生を導入することのメリット

企業が福利厚生を導入することで、福利厚生の内容にもよりますが以下のようなメリットがあります。

  • 従業員や従業員の家族に安定した生活を送るための支えとなる
  • 従業員が定着し、会社の成果を上げてもらえる
  • 採用活動において競合優位性になる
  • 従業員の心身の健康の維持に繋がる
  • 節税効果がある

上記のように、企業・従業員の双方にメリットがあります。

福利厚生サービスの種類

福利厚生には大きく法定福利厚生と法定外福利厚生の2種類がありますが、法定外福利厚生をさらに分類すると、「パッケージサービス」と「カフェテリアサービス」の2種類があります。

パッケージサービス

パッケージサービスとは、福利厚生を宿泊やレジャーなどをまるっとパッケージで提供しているサービスに委託することです。

まるっと委託できるので、自社の工数は最小限で済み、従業員も幅広い福利厚生のサービスの中から自分の好きなものを利用できます。

カフェテリアサービス

カフェテリアサービスは、自社に合わせて導入する福利厚生をカスタマイズすることです。

自社の従業員の特性やニーズに合わせて選ぶことができることや、一度導入して評判が良くなかったものは解約して他のものを利用するといったことも可能になります。

従業員に評判の良い福利厚生の事例

従業員に評判の良い福利厚生を提供している企業の取り組みをいくつか紹介します。

  • 事前に報告すれば就業時間や場所を自分で決めて働ける制度
  • 早起きして早く出社した従業員にお金を支給する制度
  • 会社のオフィスにバーを設置して終業後に無料でお酒を飲める制度
  • 他の部署の人とのランチや食事に補助を出す制度
  • タバコを吸わない人向けの制度
  • 週に1回、仕事が終わっていれば就業時間内であっても早く帰って良い制度
  • オフィスにお惣菜や野菜などを設置して安く買える制度

など、健康促進や生産性向上、社内コミュニケーションの活性化など様々なことを目的とした福利厚生があり、それぞれが従業員の定着や活躍に良い効果を与えています。

従業員が定着・活躍するために必要な福利厚生を導入しよう

今回は福利厚生の種類や福利厚生の制度の事例について紹介しました。

従業員が長く定着し、活躍してもらうために福利厚生は重要なものの1つです。

作りたい組織像をイメージしたり、従業員にはどういう福利厚生が喜ばれるのかを考えた上で導入を検討してみてはいかがでしょうか。

エンゲージメントクラウドの『THANKS GIFT』では、サンクスカードやチャットの機能を通して、日々の従業員の感謝や称賛のやり取りをきっかけに社内コミュニケーションを活性化させたり、もらったポイントを福利厚生サービスとの交換することが可能なサービスです。

サービス紹介資料をダウンロードして、組織の活性化とともに福利厚生の仕組みとして活用できるか確認してみてください。

コミュニケーション×福利厚生プラットフォーム『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら