福利厚生の提供内容23例と法定外福利厚生の内容を決める際のポイントを紹介

福利厚生の提供内容23例と法定外福利厚生の内容を決める際のポイントを紹介

福利厚生は、従業員が長く働くために必要なものの1つであるとともに、求職者が自社に興味を持ってくださる可能性もあるなどと会社運営において重要なものの1つです。

そのため、福利厚生の内容はどうしたら良いのか、どのような観点・基準で決めれば良いのか悩んでいる方もいらっしゃると思います。

今回は、福利厚生の提供内容例や法定外福利厚生の内容を決める際のポイントについて紹介します。

⇒感謝・称賛をきっかけに組織を活性化させるツール『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら

福利厚生とは

福利厚生とは、企業から従業員に提供される給与以外の報酬のことで、「より安定した生活を送ってもらう」ことや「働きやすい環境を整備することで活躍してもらう」ことのために導入されます。

従業員の定着や活躍に繋がることが期待できるとともに、採用活動におけるアピールポイントにもなるなどと、採用活動にも良い影響をもたらすことがあります。

福利厚生の種類

福利厚生には、大きく分類すると「法定福利厚生」と「法定外福利厚生」の2種類があります。

  • 法定福利厚生:法律で義務付けられている福利厚生
  • 法定外福利厚生:法律で義務付けられていない、企業が独自に提供する福利厚生

法定外福利厚生の内容については企業によって提供している内容は大きく異なります。

法定福利厚生の内容例

法定福利厚生の具体的な内容は、以下のようなものがあります。

  • 健康保険
  • 介護保険
  • 雇用保険
  • 労災保険
  • 厚生年金保険
  • 子ども・子育て拠出金

など、それぞれの内容によって企業が負担する金額の割合も異なりますが、上記のようなものが法律で義務付けられている福利厚生です。

法定外福利厚生の内容例

法定外福利厚生は、各企業によって何を導入するかは異なるため、一例ですが、以下のようなものがあります。

  • 住宅手当
  • 家賃補助
  • 社員食堂
  • 交通費
  • 特別休暇
  • 家族手当
  • 育児手当
  • 資格取得補助
  • 医療/健康検診等の補助

福利厚生代行サービスの内容例

また法定外福利厚生の中には、自社で提供する福利厚生の他に、専門の代行サービスに依頼することも可能です。

その福利厚生代行サービスの内容としては、

  • 旅行
  • 飲食
  • 健康増進
  • スポーツ
  • 育児支援
  • スポーツ
  • レジャー
  • 自己啓発

などといったものもあります。

法定外福利厚生の内容を決める際に注意すべきこと

法定外福利厚生で提供する内容に関しては、企業独自で定められます。

そのため、企業のビジョンや目標を達成するために、どのような組織を作りたいのか、そしてその組織を実現するために従業員にはどのような支援が必要なのかを元に内容を決めましょう。

また、組織サーベイなどで従業員の価値観や不満に思っていることを可視化し、そのデータを元に従業員が求めているものを提供することによって、従業員の定着や活躍をより支援することも可能です。

他社がやっていることをそのまま真似したり、流行っているものを導入するのではなく、自社の組織づくりや自社の従業員にとって何が必要かを考えて内容を決めていくことがオススメです。

従業員が定着・活躍するために必要な福利厚生を導入しよう

今回は、福利厚生の具体的な内容や法定外福利厚生の内容を決める際に注意すべきことについて紹介しました。

従業員が長く定着し、活躍してもらうために福利厚生は重要なものの1つです。

作りたい組織像をイメージしたり、従業員にはどういう福利厚生が喜ばれるのかを考えた上で導入を検討してみてはいかがでしょうか。

エンゲージメントクラウドの『THANKS GIFT』では、サンクスカードやチャットの機能を通して、日々の従業員の感謝や称賛のやり取りをきっかけに社内コミュニケーションを活性化させたり、もらったポイントを福利厚生サービスとの交換することが可能なサービスです。

サービス紹介資料をダウンロードして、組織の活性化とともに福利厚生の仕組みとして活用できるか確認してみてください。

福利厚生×コミュニケーションプラットフォーム『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら