342 view

飲食店での店舗間コミュニケーション・情報共有における課題と対策まとめ

飲食店での店舗間コミュニケーション・情報共有における課題と対策まとめ

飲食店を営む企業では、店舗が増加するとともに、本部からの情報が伝わりにくくなったり、店舗間での連携が取りにくくなるといった問題が発生しやすいです。
店舗間や店舗と本部でコミュニケーションが取りづらくなると、サービスの質が低下したり、問題が発生するなど経営効率が下がります。
今回は、飲食店での店舗間コミュニケーションや情報における課題や対策、改善事例などについて紹介します。

飲食業界でよくあるコミュニケーションの課題

飲食業界でよくあるコミュニケーションの課題を紹介します。

本部からの連絡が行き届かない

店舗を複数持つ企業でよくある問題が、本部からの連絡が従業員全員に行き届きにくいという問題です。
本部からの連絡は、本部から店長、店長からスタッフと店長を通じて情報伝達することが多く、店長が店舗スタッフ全員に情報を伝えなければいけません。
店舗はシフト制の労働のため、全員が一堂に会する機会はほとんど無く、店長が全員に情報共有を徹底しなければ情報が伝わらないのですが、それが完璧にできないことによって情報の伝達漏れが発生します。

店舗内での人間関係が良くない

飲食店舗は、社員・パート・アルバイトなど様々な人が働いています。
それぞれ働く目的が異なり、店舗の売上や利益を上げたいと考える社員もいれば、できる限り楽に働きたい、お金さえ稼げれば良いと思うアルバイトの人もいます。
それぞれの目的や価値観が大きく異なることから、人間関係が良くない飲食店も少なくありません。

店舗間でのコミュニケーションが取りにくい

店舗内でのコミュニケーションは対面で取れるため問題がありませんが、店舗間のコミュニケーションが取りにくいというのは飲食業では多い課題です。
急な人員や食材の調整、ヘルプ要請等々、すぐに確認したいのに確認が行いにくいということは少なくありません。

横や斜めの繋がりができにくい

飲食業界では、同期入社の人でも配属のタイミングでバラバラになってしまい、入社後は店舗外の人と接する機会が少ないことから、横や斜めの繋がりができにくいです。
自分の店舗の人しか普段接する機会がないため、キャリア構想も思い描きにくいという問題も起こり得ます。

飲食業界で店舗間のコミュニケーションを取りやすくする方法

飲食業界で店舗間のコミュニケーションを取りやすくする方法を紹介します。

1.オンラインでやりとりできるツールを導入する

店舗間のコミュニケーションを強化するには、離れた場所でもオンライン等でスムーズにやり取りできる環境を整えることが大事です。
離れた店舗間を頻繁に行き来するのは現実的ではなく、移動するコストもかかります。
オンラインで負担をかけずに連絡を取り合えるシステムを導入すれば、コスト・労力ともに大幅に節約できるでしょう。
時間と場所にとらわれず連絡が取れるオンラインツールなら、コミュニケーションを頻繁に取れます。
最近では、チャットツールやzoom等のWeb会議ツールを併用するケースもあり、やりとりの内容に応じて、使い分けられることが一般的です。

2.ビジョンや目標を共有する

店舗間、店舗と本部の間のコミュニケーションを強化するためには、まず前提の会社全体のビジョンや目標などのゴールを共有することが重要です。
お互いが向かっていく方向がバラバラであれば、コミュニケーションを円滑に行えません。
会社全体で何を目指しているのかを全員が認識できるように、店長会議などで定期的に目標やその進捗、ビジョンなどについて共有し合いましょう。

3.普段からコミュニケーションを取れるような関係を築く

緊急の業務連絡のみをやり取りするのではなく、サンクスカードなどを活用して、日頃から感謝を伝え合う等で関係値を築くことも重要です。
良い人間関係を築けていれば、何か協力を要請するときも受け入れてもらいやすく、良い効果を期待できます。

↓本部と店舗、店舗間のコミュニケーション強化について紹介した記事はこちら↓
本部と店舗や店舗間でのコミュニケーションを強化する方法とは?

飲食業界で全従業員に情報を共有する方法

飲食業界で全従業員に情報を共有する方法を紹介します。

ビジネスチャットを導入する

従業員への情報共有やチャットをするためだけの利用であればビジネスチャットの導入がオススメです。
場所や時間を問わず、誰でも利用できるため、コミュニケーションを取るハードルが格段に下がります。
全従業員にビジネスチャットのアカウントを作成することで、一斉に情報を届けられます。

コミュニケーションツールを導入する

もう1つは、THANKS GIFTのような複合的なコミュニケーションツールを導入する方法です。
THANKS GIFTは、社内チャットの他にサンクスカードや社内掲示板などの機能を有しています。
そのため、会社の理念を浸透させたり、業務連絡以外の情報発信、相互に感謝を伝えるなど幅広いコミュニケーションを1つのツールで行えます。
飲食業界では、なかなか会社全体に文化が浸透しにくい、感謝を対面で伝える時間が無いほど忙しいという課題を解消するために導入いただくことも多いです。

THANKS GIFTを活用した店舗間コミュニケーションの改善事例

株式会社サングでのTHANKS GIFTを活用した店舗間コミュニケーション改善事例

株式会社サングでは、企業の成長に伴い、店舗数が増加したことによって発生した社内コミュニケーションの希薄化を解決するためにTHANKS GIFTを導入しました。
ビジネスチャットツールは導入していたものの、業務連絡しか行っておらず、アルバイトは使いにくいことより、カジュアルなコミュニケーションや社風・文化が伝わるような情報共有はできていませんでした。
THANKS GIFTのサンクスカードや社内報機能を通して、会社の考えを発信でき、店舗間のコミュニケーションも円滑に行いやすくなりました。

↓株式会社サングでのTHANKS GIFT活用事例記事はこちら↓
700名を超えて生じた店舗間の溝を理念に基づいた感謝のコミュニケーションで解消、強固なカルチャーづくりを実現。

株式会社インテリジェントプランナーでのTHANKS GIFTを活用した店舗間コミュニケーション改善事例

株式会社インテリジェントプランナーでは、サンクスカードで心を豊かにする仕組み、企業の業績を向上させるための成果が出る行動を増やしていきたいという思いからTHANKS GIFTを導入しました。
サンクスカードに企業理念や行動指針を紐づけてやり取りすることによって、「従業員1人1人がワクワクニコニコな人生を送る」という理念の実現を目指しています。
サンクスカードや社内掲示板を活用することによって、従業員間でコミュニケーションを取りやすくなり、店舗間・上司・部下間でのやり取りの可視化、円滑化に繋がっています。

↓株式会社インテリジェントプランナーでのTHANKS GIFT活用事例記事はこちら↓
オリジナルコインを活用して、企業理念・行動指針を浸透させ、強い組織文化を作る

THANKS GIFTを活用した全従業員への情報共有事例

プロダクトオブタイムグループでのTHANKS GIFTを活用した全従業員への情報共有事例

プロダクトオブタイムグループでは、コロナなどによるスタッフの退職、客足が戻ってきた際の人不足を解決するためのES向上の対策としてTHANKS GIFTを導入しました。
社内掲示板機能では、月に30件ほど、社内ニュースや他の飲食店の参考になるポイント、通達事項などの情報が共有されており、全社員とアルバイトが参加する唯一のツールとして、情報共有の役割を果たしています。
ありがとうカードにおいても、店舗内で送り合うことはもちろん、たまに他の店舗に食事に行った際に、コミュニケーションを取るきっかけになっているため、社内コミュニケーションの活性化に寄与しています。

↓プロダクトオブタイムグループでのTHANKS GIFT活用事例記事はこちら↓
コロナ明けの人手不足を機にTHANKS GIFTを導入。ES(社員満足度)を向上させることで、定着率が大幅に改善

福一漁業株式会社でのTHANKS GIFTを活用した全従業員への情報共有事例

福一漁業株式会社では、「社員のモチベーションアップ」「離職率の低減」「チームの団結力アップ」、紙のサンクスカード運用の負担軽減を目的にTHANKS GIFTを導入しました。
これまでは年に2回開催している全社集会の場でしか他の事業所の活動を知る機会がありませんでしたが、他の事業所のサンクスカードのやりとりが閲覧できることで、他の事業所の業務や頑張りが見える化され、横の情報共有がリアルタイムで行えるようになりました。

↓福一漁業株式会社でのTHANKS GIFT活用事例記事はこちら↓
THANKS GIFT活用で組織課題を解決し、「感謝」と「賞賛」を伝え合うことを当たり前に

THANKS GIFTを活用して、サンクスカードを送る方法

THANKS GIFTを活用してサンクスカードを送る方法

THANKS GIFTを活用してサンクスカードを送る方法としては、

  1. サンクスカードを送る相手を選択する
  2. 感謝や賞賛の内容を元にコインを選択する
  3. サンクスカードの内容を記入する
  4. 送信

の4つのステップで完了するため、サンクスカードを送る際の手間が少なく、使いやすいというお声を沢山いただいております。
送ったサンクスカードは、全社員に公開され、他の人であっても「いいね」や「コメント」を行えるため、2人だけのやりとりに閉じず、全社に対して良い影響を与えます。

THANKS GIFTの資料ダウンロードページはこちらをクリックください

おすすめのコミュニケーションツール「THANKS GIFT」

THANKS GIFT_サービスサイトトップ

THANKS GIFT(サンクスギフト)は、感謝を贈り合うことで社内コミュニケーションを活性化させ、社内文化を醸成でき組織や社内の生産性向上、エンゲージメント向上に寄与するツールです。
大手IT製品レビューサイトでは、プロダクトの機能の豊富さや使いやすさ、サポートの充実度などで評価いただき、複数のカテゴリにおいて満足度No.1を獲得しています。

THANKS GIFTの資料ダウンロードページはこちらをクリックください

THANKS GIFT_機能一覧

THANKS GIFT(サンクスギフト)は、感謝や称賛を伝え合うサンクスカードをはじめ、経営者の思いや従業員のコミュニケーションを活性化させるWeb社内報、組織の課題を把握するための組織サーベイなど、組織づくりを行う上で必要な機能を搭載したプロダクトです。

THANKS GIFTを活用して、飲食店の組織問題を解消しよう

今回は、飲食店での店舗間コミュニケーションや情報における課題や対策、改善事例などについて紹介しました。
飲食業界は、企業が成長するごとに店舗が増え、それに伴いコミュニケーションに関わる問題が発生するのは付き物です。
企業の成長に合わせて、情報共有がコミュニケーションが取りやすいような仕組みを講じることが必要です。

エンゲージメントクラウドの『THANKS GIFT』では、社内掲示板やSNSの機能を通して、社内コミュニケーションを活性化させたり、一斉に情報を共有することが可能なサービスです。
ぜひ、サービス紹介資料をダウンロードいただき、活用できそうかご確認ください。