9511 view

アドラー心理学とは?特徴や5つの理論の内容を紹介

アドラー心理学とは?特徴や5つの理論の内容を紹介

ビジネスに心理学の考え方や理論を取り入れる企業も増えているようです。
経営者や管理者だけではなく、従業員にも取り入れてもらうことで、成果を出している企業も少なくないでしょう。
代表的な心理学に「アドラー心理学」があります。
ビジネスとの親和性も高いといわれている心理学です。
今回は、アドラー心理学の特徴や5つの理論を中心に、ビジネスへの活かし方も含めて紹介します。

アドラー心理学とは?

アドラー心理学とは、オーストリアの精神科医であり、フロイトやユングとともに「心理学の三大巨頭」と呼ばれたアルフレッド・アドラーによる考え方です。
幸福や生きる目的をテーマとしてまとめられた心理学であり、精神疾患が蔓延した時代にも受け入れられ広く普及しました。
後世における心理療法にも多大な影響を与えた人物、かつ理論として知られています。

アドラー心理学の特徴

アドラー心理学の特徴の一つは、劣等感を元としている点です。
人が社会性を持ち、高度なコミュニケーション能力を有したのは、劣等感によるものとするのがアドラー心理学の考え方です。
他の動物に対する肉体的劣等性や死に対する恐怖心が、さまざまな宗教や哲学、能力、活動の源となっています。
劣等感をぬぐい去るためには活力が不可欠であり、それには勇気づけが必要であるとも説いています。
勇気づけが考え方や行動に変化を与え、結果的に生きている感覚や充足感の獲得へとつながるとしている点も特徴の一つです。
結果、自分自身は変えられるというのが、アドラー心理学の中心的な考え方となっています。

アドラー心理学の5つの理論

アドラー心理学は勇気づけをはじめとして、複数の価値観や理論で構成されています。
その中でも重要な5つの理論について紹介します。

主体論

主体論は、自らの運命や行動、考え方を決めるのは自分自身であるという理論です。
自分の人生を主体的に決める必要があり、それを認識しなければならないとの考えから「自己決定性」とも呼ばれます。
環境やハンデ、不運な出来事など、自分ではコントロールできないものとも出くわすでしょう。
しかし、環境や出来事に責任転嫁していても、幸福は訪れません。
避けられない運命を受け入れたうえで、幸せになるためにどう行動するのかが重要であるという考え方が主体論です。

目的論

人が起こす行動には、なんらかの目的があるという理論です。
特に、未来に対しての行動が重要であると説いています。
過去よりも未来へと目を向け、これからの自分のための行動する必要があるとしています。
こうした考え方は自分の行動を変え、目的や目標へと向かう活力となるでしょう。
幸福の実現を最大の目的とし行動するための理論ともいえます。

全体論

しばしば、自分の中の自分と戦うといった表現をする人がいます。
アドラーは、全体論により、この考え方を否定しています。
人の心や意識に矛盾はなく、すべて自分自身であるという考え方が全体論です。
意識することはもちろん無意識も自分自身であり、両者を分ける必要はなく、そもそも分けることなどできないと説いています。
自分の中の一部の自分に嫌悪感を抱くと、自分自身をなかなか受け入れられません。
それは、ときに不幸をもたらします。
全体論は、自分自身のすべてを受け入れるための理論といえるでしょう。

認知論

人は、物事を判断する際に、自分の価値観を重視します。
主観的な見方をするものであり、事実をありのままに受け入れるのは不可能であるという考え方が認知論です。
だからこそ、同じ物事を見たり聞いたりしても、人により判断や認識が異なるとしています。
誰かが自分を把握・判断する際も同様です。
よって、自分を否定されてもあまり気にする必要はなく、また、自分も他者の多様性を受け入れる必要があります。
異なることを当然と受け入れられれば、物事や人への執着が取り払われ、楽な気持ちになると説いています。

対人関係論

人の行動や感情には、必ず相手が存在するという考え方が対人関係論です。
他者と一切の関係を持たずに思考や行動が生まれることはありません。
お互いに影響を与え合い、その中で人は生きていると説いています。
突き詰めると、人が抱く悩みはすべて人間関係に起因しているとなるでしょう。
対人関係論では、相手の行動や考え方を変えるのは困難であり、自分がまずは変わることで相手も変わる可能性があるとしています。

アドラー心理学を取り入れるメリット

ビジネスシーンにアドラー心理学を取り入れる企業やビジネスマンも増えています。
ここでは、アドラー心理学を取り入れるメリットを紹介します。

思考がシンプルになる

成果が出ない人や行動に移せない人は、思考が複雑になっている傾向があります。
アドラー心理学により思考がシンプル化できれば、行動力や主体性が身につきやすくなるでしょう。
思考がシンプルになると、物事の捉え方も単純化できます。
問題や課題が見えやすくなり、それに対する解決策もシンプルに考えられるようになります。

自分自身を受け入れやすくなる

劣等感を和らげる効果も、アドラー心理学にはあります。
自分に対するネガティブな感情は、ビジネスに悪影響を及ぼしかねません。
自分自身の置かれた環境や現在の能力、立場などを受け入れられれば、何をすべきかも見出しやすくなるでしょう。
変化させられる部分から改善へと取り組み、徐々に自分を肯定的に捉えられるようになります。
必要な能力も発揮でき、組織内で自分を活かす術を手に入られる点もメリットです。

目的意識が持てるようになる

何をすべきか、何が必要かが明確になり、それらに対しての意味も見出せるようになります。
目的意識が持てれば、具体的な行動にも出始めるでしょう。
目的意識が強いほど、困難に立ち向かえるようになります。
チャレンジ精神も旺盛になり、成果へとつながりやすくなる点も大きなメリットです。

行動や考え方への理解が深まる

自分の思考や行動に対する意味が明瞭化できると、必要なものと不要なものの分別が可能になります。
意味のない言動は慎むようになり、必要なことだけに意識が向きやすくなるでしょう。
結果的に、行動や考え方への理解が深まります。
理解が深まることで、反省や修正・改善もしやすくなる点がメリットです。
自分の成長にもつながり、大きな成果も期待できます。

アドラー心理学のビジネスへの活かし方

アドラー心理学をビジネスに取り入れる際、特に、経営者や管理者が従業員へと広める際にはポイントがあります。
ここでは、ビジネスの現場への活かし方を紹介します。

従業員への接し方やコミュニケーションに活かす

従業員へと指導する際には、目的や意図などを明確にする必要があります。
アドラー心理学を活用し、主体性を重視しながら目的を強く意識するよう指導すると、従業員の思考も徐々にシンプルかつポジティブなものに変化していくでしょう。
また、コミュニケーションの際にも、アドラー心理学はとても重要な役割を果たします。
自分の意見を押し通そうとするのではなく、他者の思考や意見、立場への理解にも務めることで、より深いコミュニケーションが可能となります。

過去よりも未来に意識を向けさせる

過去にとらわれず、未来に意識を向ける重要性をアドラー心理学は説いています。
やはり、指導や育成の際には、アドラー心理学が大いに活躍するでしょう。
失敗や後悔に目を向けさせては、前には進めません。目的意識も持ちにくくなってしまいます。
問題の原因の追究はしたうえで、それを未来へとつなげる意識を持たせることが重要です。
経営者や管理者がリードし、そうした意識や手法を広げていければ、徐々に未来志向の組織へと変化していきます。

おすすめのエンゲージメント向上ツール「THANKS GIFT」

THANKS GIFT_サービスサイトトップ

THANKS GIFT(サンクスギフト)は、感謝を贈り合うことで社内コミュニケーションを活性化させ、社内文化を醸成でき組織や社内の生産性向上、エンゲージメント向上に寄与するツールです。
大手IT製品レビューサイトでは、プロダクトの機能の豊富さや使いやすさ、サポートの充実度などで評価いただき、複数のカテゴリにおいて満足度No.1を獲得しています。

THANKS GIFTの資料ダウンロードページはこちらをクリックください

THANKS GIFT_機能一覧

THANKS GIFT(サンクスギフト)は、感謝や称賛を伝え合うサンクスカードをはじめ、経営者の思いや従業員のコミュニケーションを活性化させるWeb社内報、組織の課題を把握するための組織サーベイなど、組織づくりを行う上で必要な機能を搭載したプロダクトです。

離職防止の仕組みを整備し、従業員が定着・活躍できる組織を作ろう

今回は、アドラー心理学の特徴や5つの理論を中心に、ビジネスへの活かし方などについて紹介しました。
従業員が定着・活躍できる組織を作るために、自社の従業員の特徴や強みをしっかりと把握し、それぞれがやりがいを持って仕事を行えるよう、人員配置や教育、社内制度を通じた支援を行いましょう。

「THANKS GIFT」は、エンゲージメントを向上させる上で重要な理念浸透や社内コミュニケーションを活性化させる、Web社内報やサンクスカードなどの機能を搭載した社内コミュニケーションツールです。
「THANKS GIFT」を活用して従業員エンゲージメントや働きがいを向上させる取り組みを開始しませんか?
ぜひ、サービス紹介資料をダウンロードいただき、離職防止の仕組みとして活用できそうかご確認ください。

エンゲージメントクラウド
『THANKS GIFT』の
資料ダウンロードはこちらから

サービス資料に含んでいるもの
  • 機能概要
  • 導入企業インタビュー
  • 料金体系
  • サポート体制
アドラー心理学 とは