5878 view

リファラル採用とは?メリットや失敗しないポイント、事例を紹介

リファラル採用とは?メリットや失敗しないポイント、事例を紹介

会社にとって優秀な人材の確保は重要な課題の1つです。
採用活動の方法には求人広告や人材紹介サービスの利用が考えられますが、必要としている人材が採用できないケースも少なくありません。
そこで注目したいのが、リファラル採用です。
リファラル採用では社員の紹介や推薦によって人材を確保するため、最適な人材を獲得できる可能性が高まります。
今回は、リファラル採用のメリットや導入事例などについて紹介します。

リファラル採用の意味

リファラル採用とは、「社員の紹介や推薦によって行う採用活動」のことです。
リファラルは英語のreferralのことで、紹介や推薦、委託といった意味があります。
アメリカをはじめとする世界中の企業で導入されている採用活動の1つですが、日本でも大手企業を中心に多くの企業が導入しています。

リファラル採用では、会社が求めている人材のイメージを社員に伝えて、その条件に合致している友人・知人を紹介してもらうのが基本的なスタイルです。
とはいえ、社員に友人・知人を紹介してもらうだけでリファラル採用を成功させることはできません。
効果的なリファラル採用を行うためには適切な仕組みを整えることが大切です。

リファラル採用におけるポイント

リファラル採用では、スカウトされた人がその会社に興味を持って、面接を受けてみたいと思えるような仕組みづくりが非常に重要です。
紹介を行う社員が、会社の魅力を伝えやすいようにアピールブックのように簡易的な資料にまとめたものを配布し、全員が会社の説明を行いやすくするような工夫を行いましょう。
アピールブックとは、会社や事業の概要などの基本情報の他、会社が抱える課題や設定している目標、給与や各種制度といった会社のあらゆる情報を網羅したパンフレットのようなものです。
アピールブックは友人・知人とに自社を紹介する際に提示して使います。

また、知人や友人に紹介を継続的に発生させるためには、プロジェクトチームを組閣し、メンバーを募りましょう。
そのうえで、採用したい人材の条件などを伝えて紹介の方法などの研修を行い、条件に合致する友人・知人に紹介を行なってもらいましょう。
このメンバーには、会社への理解度と愛着が強い社員を選ぶことが重要です。
いきなり面接を行うだけでなく、懇親会やランチなどといったカジュアルな場を設けて、誘いやすくするような工夫を行うことも有効です。

リファラル採用で得られる3つのメリット

リファラル採用には主に3つのメリットがあります。

1つ目は、採用コストの削減です。
求人広告や人材紹介サービスの利用には多額の費用が必要で、企業によっては、その費用に数十万〜数百万円を支出しています。
一方のリファラル採用は社員が交渉を担当するため、数万円の手当や経費が発生するだけで、費用を大きく抑えることができます。

2つ目は、会社が求める人材の確保です。
会社が求める条件に合致している人物だけを限定して紹介を行うため、最適な人材だけを採用することができます。

3つ目は、入社した社員の定着率の高さです。
リファラル採用では会社に必ずマッチしそうな人にしか声を掛けないため、採用した社員が短期間で退社するような事態はほとんど発生しにくいと言われています。

リファラル採用で失敗しないためのポイント

リファラル採用で失敗しないためには、次のようなポイントに注意して、活動を行いましょう。

  • リファラル採用での成果をきちんと評価する
  • 内定者の数だけでなく、声かけ数や面談実施数などの数値をモニタリングする
  • 採用したい人物像をできる限り具体化し、声かけを行いやすいように共有する
  • リファラル採用での紹介から内定までのフローを明確にし、進捗を紹介者にも共有する
  • リファラルで紹介した内容と紹介後のフローや話に差異が生まれないように、共有は綿密に行う
  • 自社の従業員のエンゲージメント向上にも取り組む

リファラル採用の導入事例3選

1.コンピューターソフト開発会社でのリファラル採用の取り組み事例

人材難に悩んでいたコンピューターソフト開発会社では、その状況を打開するためにリファラル採用を導入しました。
まずは全社員を対象に募集しましたが、応募はまったくありませんでした。
そこで、社長を中心に幹部社員だけでプロジェクトチームを結成して再スタートすることにし、採用したい人材の条件や会社のアピール面などを徹底的に議論してアピールブックを作成しました。
仕組みを整えたうえでプロジェクトメンバーが友人・知人にアタックした結果、面接まで進んだ3名全員の採用を決めています。

2.住宅リフォーム会社でのリファラル採用の取り組み事例

住宅リフォームを手掛ける会社では、採用コストの削減のためにリファラル採用を導入することにしました。
社長や人事担当者、中堅と若手の社員でプロジェクトメンバーを結成し、アピールブックとともにそれぞれの友人・知人をリストアップして採用活動を開始しました。
この会社では採用コスト削減を実現するために、プロジェクトの運用ルールを規定した点に特徴があります。
たとえば、会食の予算や交通費などを明確に規定し、各メンバーにはその規定に沿って進行させることを徹底させたのです。
その結果、低コストにもかかわらず、5カ月間に2名の採用を実現することに成功しています。

3.アパレルショップ関連の会社でのリファラル採用の取り組み事例

アパレルショップの商品管理から人材教育までを手掛ける会社では、慢性的な人手不足に悩まされていました。
そこで、社長がアメリカを訪れた際に知識を得たリファラル採用を導入することにしたのです。
まず、社長と人事担当者でプロジェクトチームを結成し、メンバーの選定を行いました。
この際に重視したのは、会社への理解度の高さと愛着です。
そのうえでリファラル採用の運用ルールを決めてアピールブックを作成し、それぞれのメンバーが会社の求める条件に合致する友人・知人をリストアップしました。
熱心な交渉の結果、7カ月で5人の採用を決めることに成功し、新しいプロジェクトチームの結成も決まっています。

リファラル採用の運用と合わせて自社のエンゲージメント強化にも力を入れよう

今回は、リファラル採用の意味や実施メリット、ポイントや事例について紹介しました。
リファラル採用を強化するためには、リファラル採用の仕組みを整えていくとともに、紹介が自然と発生するように自社の従業員のエンゲージメントの向上にも力を入れていくことが不可欠です。

『THANKS GIFT』は、エンゲージメントを向上させる上で重要な理念浸透や社内コミュニケーションを活性化させる、Web社内報やサンクスカードなどの機能を搭載した社内コミュニケーションツールです。
『THANKS GIFT』を活用して従業員エンゲージメントや働きがいを向上させる取り組みを開始しませんか?

エンゲージメントクラウド
『THANKS GIFT』の
資料ダウンロードはこちらから

サービス資料に含んでいるもの
  • 機能概要
  • 導入企業インタビュー
  • 料金体系
  • サポート体制
リファラル採用