1193 view

在宅勤務におけるストレスの原因と企業側で支援できることとは?

在宅勤務におけるストレスの原因と企業側で支援できることとは?

働き方改革や感染予防などの影響により、在宅勤務を認める企業が増えてきました。

しかし、メリットが多い働き方である一方、デメリットもあるので注意しなければなりません。

そのなかでも特に警戒を求められるのはストレスの蓄積です。

今回は、在宅勤務でストレスがたまる主な原因を説明し、それとセットで企業側がサポートできる内容も紹介します。

⇒感謝・称賛をきっかけに組織を活性化させるツール『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら

在宅勤務では、コミュニケーションや孤独感などが課題に

職場で行う業務において、連絡や報告といったコミュニケーションは欠かせないものです。

また、雑談を通して相互理解が深まり、チームワークや連携力がアップすることもあるでしょう。

しかし、自宅で働いているとそのような機会は減り、他の従業員と疎遠になりやすいというリスクが発生します。

次第に孤独感が強くなっていき、それがストレスという形でたまっていくことも多いです。

特に一人暮らしをしている従業員の場合、会話をしない日が何日も続くようなケースも珍しくありません。

そうなると、孤独を感じる頻度はますます高くなってしまうのです。

在宅勤務のコミュニケーション・孤独感の課題の解決方法

在宅勤務のコミュニケーション・孤独感の課題は、企業側の支援によってコミュニケーションを増やすことが対策になります。

電話やメールによる情報伝達も、他の従業員との関わりを持てる行為です。

しかし、声や文字だけのやりとりであるため、孤独を予防する観点では最適とはいえないので注意しましょう。

対面のコミュニケーションに近い体験を重視するなら、オンラインのテレビ会議システムを導入することが得策です。

リアルタイムで映像や音声を送受信できますし、文字によるチャットの機能を備えているタイプもあります。

互いの様子を見ながら日常的に報告や連絡などを行っていれば、疎遠に感じることを防ぎやすいです。

また、テレビ会議システムを用いてランチミーティングを行うなど、オンラインによるイベントの積極的な実施も効果を期待できます。

在宅勤務中のおける集中力低下が課題に

在宅で働いていると、仕事とプライベートの境界があいまいになりがちです。

家族が話しかけてきたり友人から電話がかかってきたりするたびに、集中力が途切れることになりかねません。

また、本来は働くことを想定していない場所であるため、疲れたときなどに気が緩みやすくなります。

このような状況なので集中力の維持が難しく、なかなか仕事が進まないことにストレスを感じるケースもよくあるのです。

やりがいや達成感の少なさが、その困った状況を助長させてしまいます。

出社していた頃と勤務時間が変わらないのに成果が出ていない場合は、その可能性を疑いましょう。

在宅勤務中のおける集中力低下の解決方法

この場合の基本的な支援は、上司による目標の設定と進捗の確認、必要に応じてのフォローを行うことが必要です。

業務時間の全てを集中して取り組むことは難しいですので、ある程度は従業員の主体性に任せつつ、目標達成が難しそうな場合は、必要に応じて状況を確認し、フォローを行いましょう。

在宅だからといって監視を強化すれば、管理職の仕事が増える他、従業員側もメンタルヘルスが健康な状態が保たれませんので、きちんと成果が出ているのか、出ていなければ支援をするというマネジメントを行いましょう。

在宅勤務中のネットワークの環境が整備できていないことが課題に

新しい職場で働くときは、慣れるまで多かれ少なかれストレスを感じるものです。

それは在宅勤務に関しても同様で、これまでに経験がないなら最初は苦労することも多いでしょう。

特にインターネットの利用を前提とするテレワークの場合、IT関連の知識が少なくて仕事の準備をうまく進められない従業員も珍しくありません。

いったん成功できても、通信が安定しないなどの理由で、たびたび手を止めざるを得ない場合もあります。

本来の業務以外の部分に時間をかけることは、腹立たしさや焦りに結びつきやすいです。

在宅勤務の作業環境の課題の解決方法

これに関しては、自宅における作業環境の構築を企業がサポートすれば、ある程度はネットワークなどの問題が解消されることが期待されます。

具体的な作業として欠かせないのはマニュアルの整備です。

作業環境の準備について分かりやすい手順を載せることが基本となります。

それだけでなく、在宅勤務のスタートまでに説明会も実施し、内容を正しく理解させることが望ましいです。

さらに、社内に専用のヘルプデスクを設けて、不明な点をいつでも尋ねられる体制を築いておく必要もあります。

ヘルプデスク側は想定される質問と回答を用意しなければなりません。

また、パソコンなどの機器は企業が選んだものを提供し、セキュリティの設定をしっかり行っておくことも重要です。

在宅勤務におけるメンタル・フィジカルの悪化が課題に

在宅勤務では自然と家にいる時間が長くなるため、運動不足などにより気晴らしをうまくできない従業員もいるでしょう。

もともと将来に不安を感じているような場合は、暗い気持ちが大きくなっていき、ストレスが慢性化するようなケースも懸念されます。

在宅勤務のメンタル・フィジカルの悪化の課題の解決方法

それゆえ、企業は心理面を考慮したサポートも行わなければなりません。

精神的に苦しいと感じた従業員が相談できる窓口を設置しましょう。

もちろん、定期的に上司が面談して状態を把握することもケアにつながります。

しかし、不安な気持ちを上司に知られたくないケースもありますし、そもそも上司の存在がプレッシャーになっているケースも多いです。

このため、相談の窓口は各部門から独立させておくことが条件となります。

内容によっては、個別のケアを行なったり、全社員に向けた施策を実施するなどの対策を行う必要があります。

従業員が定着・活躍できる組織を作ろう

今回は、在宅勤務によって発生している課題とその解決方法について紹介しました。

在宅勤務では、コミュニケーションが減少してしまったり、顔を見れないのでその人の状況を把握しにくかったりとオフィスでは発生していなかった問題が発生しています。

組織サーベイなどを活用することによって、自社の課題や個々人の状況を把握し、適切にフォローを行いましょう。

『THANKS GIFT』は、エンゲージメントを向上させる上で重要な理念浸透や社内コミュニケーションを活性化させる、Web社内報やサンクスカードなどの機能を搭載した社内コミュニケーションツールです。

ぜひ、「THANKS GIFT」を活用して、感謝や賞賛のコミュニケーションを増やして、社内コミュニケーションを活性化させませんか?

社内コミュニケーションを活性化させる社内SNS『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら

エンゲージメントクラウド
『THANKS GIFT』の
資料ダウンロードはこちらから

サービス資料に含んでいるもの
  • 機能概要
  • 導入企業インタビュー
  • 料金体系
  • サポート体制
在宅勤務 ストレス