4806 view

人手不足倒産とは?黒字企業でも発生する原因とその対策を紹介

人手不足倒産とは?黒字企業でも発生する原因とその対策を紹介

日本の企業において、深刻な問題として挙げられているのが「人手不足倒産」です。
さまざまな業界で人手不足問題が深刻化しており、倒産する企業が増加傾向にあります。
黒字企業の場合でも人手不足倒産は起こる可能性があるため、注意が必要です。
そこで、今回は人手不足倒産が起こる主な原因や対策法について紹介します。

人手不足倒産とは?

人手不足倒産とは、企業が事業を運用するうえで必要な人材の数を確保できず、倒産してしまうことを指します。
たとえば、飲食店では席数や店舗の広さ、サービスの内容によって必要な従業員の数が変わってくるでしょう。
このような店舗運用に必要な人材が不足してしまうと、営業を続けることができなくなってしまいます。
経営資金がたくさんある企業であれば、ほかの店舗へ移転するなどの解決策があるかもしれません。
しかし、中小企業などでこのような対策を取れるケースは多くないでしょう。
その結果、企業はその言葉のとおり人手不足による倒産を起こしてしまうのです。

人手不足倒産の種類

人手不足倒産には大きく分けて

  • 後継者難型
  • 求人難型
  • 従業員退職型
  • 人件費高騰型

という4つの種類があります。

それぞれの詳しい内容について見ていきましょう。

後継者難型人手不足倒産

「後継者難型」とは、経営者や幹部層が不在になり、後継者が見つからなかったことによる倒産を指します。
よくある例としては、経営者や幹部などが病気で入院してしまい、経営に携われる人材が育っておらずそのまま事業をたたむというケースです。
経営者が高齢の場合は、死亡によって倒産してしまうケースもあるでしょう。

求人難型人手不足倒産

「求人難型」は、人手不足を解消するために人材募集を行うものの、思うように人を集められず倒産してしまうものを指します。
求人難型は人手不足倒産のなかでも、比較的多いパターンです。
その理由は、日本企業の全体的な人手不足が関係しています。多くの企業で人手が不足すれば、そのぶん世の中に多くの求人が出回ります。
その結果、人気の高い企業や仕事に集中して人が集まり、せっかく求人募集を行ってもなかなか応募がないという事態に陥ってしまうのです。
特に人気の低い業種が注意すべきパターンといえるでしょう。

従業員退職型人手不足倒産

「従業員退職型」は従業員が退職することで人手が不足し、営業が続けられず倒産に至ってしまうものをいいます。
定年退職をはじめ、労働環境に不満があり従業員が減ってしまうケースも少なくありません。
特に、中核社員や幹部層などが退職してしまうと、事業を継続することが難しくなります。

人件費高騰型人手不足倒産

「人件費高騰型」は人件費が高くなることによって収益のバランスが崩れ、倒産に陥ってしまうものです。
従業員の働き方が見直されるなか、最低賃金の引き上げなどが行われ人件費が高騰しています。
従業員一人あたりのコストが高く、経営資金が足りなくなり倒産してしまうのです。

人手不足倒産が増えている原因

人手不足倒産が増えている主な原因には、以下のようなものが挙げられます。

まず「労働者人口の減少」です。
日本は少子高齢化が進んでおり、働く人口そのものが減少傾向にあります。
こうした背景から、企業の労働力にも偏りが生じてしまい、人手不足倒産を起こしてしまいます。

さらに、「ノウハウが継承されない」ことも原因のひとつだといわれています。
常に人手不足に悩まされている企業は、従業員の入れ替わりが激しい傾向にあります。
人材が定着しないと自社のノウハウやスキルを継承することが難しくなるでしょう。
その結果、企業としての強みが薄れてしまい、倒産を招いてしまう原因に繋がってしまいます。

黒字企業でも人手不足倒産が起こるケースもある

「利益を出しているため人手不足倒産の心配はない」と安心している企業もいるかもしれません。
しかし、黒字企業であっても人手不足倒産に陥るリスクは少なからずあります。
たとえば、突然大量の離職者が出た場合は人手不足倒産が起こる可能性があるでしょう。
一気に離職差が出ると業務の引き継ぎができず、サービスの質を維持することが難しくなります。
すると、今までのように営業活動を続けることが難しくなり、顧客離れが起きて収益が低下し、やむを得ず事業をたたむケースもあるのです。
したがって、黒字企業であれば必ずしも安心というわけではありません。
常に組織内の変化や課題を的確に把握し、円滑に営業活動を行えるよう対策を講じることが求められます。

人手不足倒産を回避するための対策法

企業にとって深刻な問題である人手不足倒産を防ぐためには、以下のような対策が考えられます。

1.働きやすい環境を作る

まず、「働きやすい環境づくりをする」ことが対策法として挙げられます。
従業員のやる気を引き出すために賃金をアップさせる方法もあります。
しかし、この対策法のみを実施すると人件費が高くつき、結果として資金不足による人手不足倒産を招くリスクがあるため注意が必要です。
賃金のアップ以外にも、従業員のために工夫できることはたくさんあります。
たとえば、福利厚生を充実させたり労働環境を見直したりすることもおすすめです。
サービス残業を廃止してノー残業デーを設定する、有給休暇の取得率をアップさせるといった改善を行うと良いでしょう。

2.従業員をフォローできる仕組みを作る

また、研修制度を充実させたり、悩みをすぐに相談できるように定期面談を実施したりすることも一案です。
組織内は常に何らかの変化があり、問題が起こってから対処を行っても手遅れの場合もあります。
日頃から環境整備に取り組み、問題の発生を未然に防げるようにしましょう。

3.採用活動の精度を高める

加えて、「採用活動の精度を高める」ことも有効です。
採用活動におけるミスマッチは、何としても避けたいものです。
せっかく人材を採用しても、「イメージと違う」という理由で退職してしまうケースも少なくありません。
ミスマッチが起こらないよう、採用の段階で企業と求職者の求める条件をそれぞれよく確認することが大切です。
お互いに条件をきちんと確認することで早期退職が起こりにくくなり、人材不足を防ぎやすくなります。

4.社内コミュニケーションを活性化させる

その他、「コミュニケーションを活発化させる」ことも大切です。
従業員同士の交流が多く良好な関係を構築できていると、仕事で大変なときにフォローし合おうという意識が生まれます。
それに、信頼できる人間が社内にいれば、悩みを相談できるなど退職を未然に防ぎやすくなります。
このような理由から、人材不足倒産を避けるためには社内のコミュニケーションを活発化させることが重要といえます。
コミュニケーションを活発化させるには、ツールの活用がおすすめです。
掲示板やチャット、サンクスカードなどの機能が備わっているツールを導入すると、交流の機会を増やせます。
これにより、従業員のエンゲージメントの向上や人材の定着化に役立てられるでしょう。

従業員が定着・活躍できる組織を作ろう

今回は、今回は人手不足倒産が起こる主な原因や対策法について紹介しました。
従業員が定着・活躍できる組織を作るために、自社の従業員の特徴や強みをしっかりと把握し、それぞれがやりがいを持って仕事を行えるよう、人員配置や教育、社内制度を通じた支援を行いましょう。

『THANKS GIFT』は、エンゲージメントを向上させる上で重要な理念浸透や社内コミュニケーションを活性化させる、Web社内報やサンクスカードなどの機能を搭載した社内コミュニケーションツールです。
『THANKS GIFT』を活用して従業員エンゲージメントや働きがいを向上させる取り組みを開始しませんか?

エンゲージメントクラウド
『THANKS GIFT』の
資料ダウンロードはこちらから

サービス資料に含んでいるもの
  • 機能概要
  • 導入企業インタビュー
  • 料金体系
  • サポート体制
人手不足倒産