fbpx

仕事のモチベーションを上げるための方法とプロセスを紹介

仕事のモチベーションを上げるための方法とプロセスを紹介

誰しも社会人生活の中で仕事へのモチベーションが高まったタイミングやモチベーションが低くなってしまったタイミングがあるかと思います。

モチベーションを完全にコントロールすることは難しく、人間関係や労働環境などが原因で簡単に上がったり下がったりするものですが、働く上ではモチベーションは高い状態を維持することでパフォーマンスも向上しますので、モチベーションを意図的に上げることは重要なスキルです。

今回は、モチベーションが下がってしまう原因やモチベーションを上げるための方法やそのプロセスについて紹介します。

⇒感謝・称賛をきっかけに組織を活性化させるツール『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら

仕事のモチベーションが下がってしまう原因

仕事のモチベーションが下がってしまう原因は、人それぞれ異なりますが、動機付け要因(精神的に成長したい、外部から認められたいという欲求)と衛生要因(苦痛や欠乏を避けたいという欲求)の何かが満たされなくなることが原因とされます。

具体的には、

  • 仕事へのやりがいが感じられない
  • 自己成長を感じられない
  • 他者から褒められない
  • 人間関係が良くない
  • 労働環境が良くない
  • 仕事量が多く、私生活に影響を及ぼしている

などといったことが原因でモチベーションが下がってしまいます。

仕事のモチベーションを上げることのメリット

仕事において従業員のモチベーションを上げることで以下のことを期待できます。

  • 仕事への主体性が強くなる
  • 結果へのコミットが強くなり、成果が出やすい
  • チーム内外と積極的に連携を行う
  • 知人や友人に自社を勧められる

仕事のモチベーションが下がってしまうことのデメリット

一方で、仕事において従業員のモチベーションが下がってしまうことで以下のことが発生する可能性があります。

  • 離職や休職に繋がってしまう
  • 仕事への主体性が弱くなり、指示待ちになってしまう
  • 最後までやり切らずに結果が出なくなってしまう
  • チームの他のメンバーと良い関係を築こうとしなくなる
  • チームで宙に浮いている仕事を他人に任せるようになってしまう

チーム全体のモチベーションが低い場合は、カバーするメンバーがいなくなってしまい、業績が下がってしまう可能性は非常に高いです。

仕事のモチベーションを上げる方法

仕事のモチベーションを上げるためには、

  • 衛生要因が満たされた状態にすること
  • 動機付け要因を満たしていくこと

この2つを実現する必要があります。

 

具体的には、以下のプロセスで進めていくことがオススメです。

  1. 組織サーベイツールなどで衛生要因や動機付け要因の状況を把握する
  2. 1のデータを元に、何から対策を行なっていけば良いかの優先順位をつける
    (特にスコアが低いものや職場推奨度などに関連が大きいものなど)
  3. 優先順位の高い要素を改善するための施策をリストアップする
  4. 施策の中でコストや必要な時間、影響度合いなどを元に実施施策を決める
  5. 施策を実行する
  6. 1~5を繰り返す

1人でできる仕事のモチベーションを上げる方法

上記では、チーム・会社全体で仕事におけるモチベーションを上げる方法を紹介しましたが、1人でもできるモチベーションを上げる方法を紹介します。

(勤務時間中)

  • 今日1日の目標を決めて取り組む
  • 上記の目標を達成した時のご褒美を設定する
  • 悩んでいることや困っていることを書き出す・誰かに話す
  • 仕事で頑張っているメンバーや尊敬している人と話す
  • リラックスにお菓子を食べたり飲み物を飲む
  • リラックスに外の空気を吸う
  • 仕事で使うデスク周りを整理整頓する

(勤務時間外)

  • 思い切って休息を取る
  • 自分の趣味や好きなことに時間を作る
  • 自分のやりたいことや夢を整理する
  • 自分の短期、中長期の目標を設定する
  • 散歩や軽い運動を行う

上記のように、自分で目標を設定したり、悩みを自分の外に出してみること、好きなことに時間を使うことなどを通してモチベーションが上がります。

部下の仕事のモチベーションを上げるために上司ができること

部下のモチベーションを上げるためには、良き相談者・支援者であることが重要です。

組織サーベイや1on1、普段のコミュニケーションなどで部下の状態を把握し、適切に相談やフォローを行うことで、モチベーションの低下を防ぐことやモチベーションが上がるきっかけにもなります。

そのため、上司は部下のモチベーションの「把握」「管理」を行うことで、定着や活躍を支援しましょう。

日頃の「感謝」や「賞賛」のやり取りを行うことで従業員のモチベーションを向上させよう

今回は、モチベーションが下がってしまう原因や仕事においてモチベーションを上げる方法を紹介しました。

従業員は、普段の仕事の中で感謝されることや賞賛されることは、モチベーションが上がる1つの要因ですので、このやり取りが当たり前に行われる組織づくりを行なってはいかがでしょうか。

エンゲージメントクラウドの『THANKS GIFT』では、サンクスカードやチャットの機能を通して、日々の従業員の感謝や称賛のやり取りをきっかけに社内コミュニケーションを活性化させたり、モチベーションを向上させることが可能なサービスです。

サービス紹介資料をダウンロードして、従業員が定着し、活躍できる組織づくりの活動に活用できるか確認してみてください。

エンゲージメントクラウド『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら