4963 view

社員の従業員エンゲージメントを高めることのメリット・効果とは?

社員の従業員エンゲージメントを高めることのメリット・効果とは?

社員のエンゲージメントを上げることは、自社や取引先、従業員それぞれに良い影響を与えるものです。

既に海外の企業をはじめ、日本でも多くの企業で社員のエンゲージメントの測定や向上させる取り組みが進んでいます。

今回は、社員のエンゲージメントを向上させることでどのようなメリットがあるのか、そして従業員エンゲージメントを向上させる方法について紹介します。

⇒感謝・称賛をきっかけに組織を活性化させるツール『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら

従業員エンゲージメントとは?

従業員エンゲージメントとは、従業員が会社に対して愛着や信頼を持っていること、そして企業と従業員双方が成長し合えるような関係のことを指します。

従業員エンゲージメントは、eNPS(職場推奨度)と呼ばれる「自分の務める会社をどれくらい知人や友人に紹介したいか」という質問によって測定されます。

日本の企業の社員の従業員エンゲージメントは低い?

米国の人材コンサルティング会社のギャラップ社が行なった従業員エンゲージメントの調査によると、日本は「熱意あふれる社員」の割合が6%と調査を行なった139ヶ国の中で132位と非常に低い数値でした。

日本は他国と比べると、やる気のない人材が多く、従業員エンゲージメントが高く、熱意を持って仕事に取り組む人材が低く、今後の課題となっています。

社員のエンゲージメントを向上させることのメリット・効果

社員のエンゲージメントを向上させることは、社員だけでなく企業側にもメリットや期待される効果があります。

企業側と社員側のメリットをそれぞれ紹介します。

従業員エンゲージメントを向上させる企業側のメリット

従業員エンゲージメントを向上させることで企業側には以下のようなメリットがあります。

・離職率が低下する
・従業員の生産性が向上する
・チームの連携が深まる
・事業活動や組織活動に積極的に取り組む社員が増える
・企業の業績が向上する
・積極的な働きによって顧客満足度が向上する

従業員エンゲージメントを向上させる社員側のメリット

一方、従業員エンゲージメントを向上させることで社員側には以下のようなメリットがあります。

・モチベーション高く働ける
・他の従業員と共通の目的や目標に向かって取り組める
・心身の健康が良好な状態を保ちやすい
・安心して仕事で様々なチャレンジが行える
・仕事への取り組みを通して仕事へのやりがいや成長を実感しやすい

社員のエンゲージメントを向上させるための方法

社員への投資を行うことで、従業員エンゲージメントを向上させるために有効な方法としては以下のような方法があります。

・会社が目指す方向性や場所を定める
・社内のコミュニケーションを活性化させる
・従業員の不満や改善してほしい声を元に改善活動を行う

まずは会社の目指す方向性を定めるとともに、従業員が働きやすく成長できるような投資を行なっていくこと、従業員の不満を解消していくことで従業員エンゲージメントの向上に繋がります。

↓従業員エンゲージメントを向上させるための方法を解説した詳細の記事はこちら↓
従業員エンゲージメントを高めるための3つの方法とは?

従業員エンゲージメントを向上させて自社の社員が活躍できる組織を作ろう

今回は、従業員エンゲージメントを向上させることによる企業と社員のそれぞれのメリット、従業員エンゲージメントを向上させる方法について紹介しました。

ぜひ、社員の定着や活躍に投資を行い、企業成長や強い組織づくりを行なっていただければと思います。

エンゲージメントクラウドの『THANKS GIFT』では、サンクスカードやチャットの機能を通して、従業員の感謝や称賛をきっかけにコミュニケーションを生むことや理念浸透に繋げていくことが可能なサービスです。

無料トライアルを行なった上で利用もできますので、サービス紹介資料をダウンロードして、自社の従業員エンゲージメント向上の活動に活用できるか確認してみてください。

 

エンゲージメントクラウド『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら

エンゲージメントクラウド
『THANKS GIFT』の
資料ダウンロードはこちらから

サービス資料に含んでいるもの
  • 機能概要
  • 導入企業インタビュー
  • 料金体系
  • サポート体制