エンゲージメントの意味とは?注目される背景、向上させる方法とメリットを紹介

エンゲージメントの意味とは?注目される背景、向上させる方法とメリットを紹介

エンゲージメントという言葉は、マーケティング活動でよく使われる言葉ですが、人事領域でも「従業員エンゲージメント」や「ワークエンゲージメント」という言葉が近年浸透しています。

実際に経営課題として従業員エンゲージメントの向上に取り組む企業が増えており、日本でも多くの取り組み事例が公開されています。

今回は、この従業員エンゲージメントとは何を意味する言葉なのか、そしてどのように測定、向上していけば良いのかをご紹介します。

⇒感謝・称賛をきっかけに組織を活性化させるツール『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら

従業員エンゲージメントの意味とは

従業員エンゲージメントとは、従業員が会社に対して愛着や信頼を持っていること、そして企業と従業員双方が成長し合えるような関係のことを指します。

従業員満足度やロイヤリティーと言った、従業員と企業の単方向の関係ではなく、双方向の関係であることが従業員エンゲージメントの特徴です。

マーケティング活動で使われるエンゲージメントとは

エンゲージメントは本来「愛着」や「絆」を意味する言葉で、マーケティング活動においては、ユーザーと事業者側の繋がりを測る指標として用いられます。

SNSでの投稿の中でどのくらいのユーザーが投稿に反応してくれたかという方法で測定され、投稿数や投稿の内容を見て商品開発に活かす取り組みやSNSの運用などに活用されます。

従業員エンゲージメントが注目される背景

従業員エンゲージメントが注目されている背景には、労働力人口のさらなる減少があります。

少子高齢化によって労働力人口は、どんどんと減少している為、「採用」「定着」「活躍」の重要性が高まっており、これらを強化するためにも会社から従業員への一方的な支援ではなく、双方で成長を支援する関係性の従業員エンゲージメントが注目され、経営課題として取り組む企業も増えています。

従業員エンゲージメントの測定方法

従業員エンゲージメントは、「職場推奨度(eNPS)」と呼ばれるもので測定されるのが一般的です。

職場推奨度は、「自分の会社を知人・友人にどの程度オススメできますか?」という質問を0~10の中から満足度を選んでもらう質問から測定されます。

組織サーベイツールの『ハイジ』では、無料でこの職場推奨度(eNPS)の測定が可能です。

従業員エンゲージメントを高めることのメリット・効果

従業員エンゲージメントを高めることは、自社の会社内だけのメリットだけでなく、従業員・顧客にも良い影響を与えるとされています。
具体的なメリット・効果としては、以下のようなものがあります。

  • 従業員の生産性が向上する
  • 会社の業績が向上する
  • 組織や事業に対するアイディアの提案や積極的な行動が増える
  • 離職率が低下する
  • 顧客満足度が向上する

などのメリットがあり、業績の向上にも相関があるという研究レポートも出ています。

従業員エンゲージメントを高めるための方法

社員への投資を行うことで、従業員エンゲージメントを向上させるために有効な方法として以下のような方法があります。

  • 会社が目指す方向性や場所を定める
  • 社内のコミュニケーションを活性化させる
  • 従業員の不満や改善してほしい声を元に改善活動を行う

まずは会社の目指す方向性を定めるとともに、従業員が働きやすく成長できるような投資を行なっていくこと、従業員の不満を解消していくことで従業員エンゲージメントの向上に繋がります。

↓従業員エンゲージメントを向上させるための方法を解説した詳細の記事はこちら↓
従業員エンゲージメントを高めるための3つの方法とは?

『THANKS GIFT』を活用して従業員エンゲージメントを高めよう

今回は、従業員エンゲージメントの意味や向上させることのメリットや方法について紹介しました。

ぜひ、従業員エンゲージメント向上の取り組みを通して、従業員の定着や活躍を支援いただければと思います。

エンゲージメントクラウドの『THANKS GIFT』では、サンクスカードやチャットの機能を通して、従業員の感謝や称賛をきっかけにコミュニケーションを生むことや理念浸透に繋げていくことが可能なサービスです。

無料トライアルを行なった上で利用もできますので、サービス紹介資料をダウンロードして、自社の従業員エンゲージメント向上の活動に活用できるか確認してみてください。

エンゲージメントクラウド『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら