fbpx

心理的安全性とは?作り方やよく誤解されていることについて紹介

心理的安全性とは?作り方やよく誤解されていることについて紹介

ニュースなどでも「心理的安全性」という言葉をよく見かけるように、会社の経営や組織の運営において、「心理的安全性」のある組織づくりが非常に重要視されています。

「心理的安全性」は、全くストレスがないぬるま湯のような環境という意味で誤って使われることがよくあるのですが、本来の目的はそうではありません。

今回は、心理的安全性の意味や作り方、誤解されやすいことについて紹介します。

⇒感謝・称賛をきっかけに組織を活性化させるツール『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら

心理的安全性の意味

心理的安全性とはビジネスシーンに関する心理学の用語です。

他の人の反応に対して怖さや恥ずかしさを感じることなく、自分を包み隠さないで自然体で活動していける状態の度合いを指します。

アメリカの大手企業であるGoogle社が生産性の向上に役立つ概念であると発表し、それを受けて日本でもベンチャー企業を中心として広がりを見せるようになりました。

企業の規模に関係なく、成功する組織を構築するための条件として挙げられることも多くなっています。

また、心理的安全性は従業員が不安から解放されている環境の指標とも表現できます。

たとえば、変な質問をして無知だと思われることや、仕事を失敗して無能だと思われることを心配する従業員は少なくありません。

その他に、他人に反論することや手伝いを頼むことで不快に思われないか危惧するケースなどもあります。

そのような心境に陥ることなく、ストレスの少ない状態で柔軟に働ける職場は心理的安全性が高いです。

心理的安全性でよく誤解されるポイント

心理的安全性=職場の居心地が良いことではありません。

従業員同士の仲が良かったり、失敗しても注意されなかったりするだけで、心理的安全性が高い職場だと認識する人もいますし、自分がつらい経験をするような職場は心理的安全性が低いに違いないと考える人もいます。

そのような楽しさや緩さを表す指標ではなく、あくまでも組織の生産性アップに必要な概念なので勘違いしてはいけません。

従業員の仲が良好でも業務の連携に生かされなければ意味がないですし、職場に問題がなくても仕事をつらく感じることはあります。

心理的安全性が高い職場は、企業と従業員の双方にとって恩恵のあるものです。

すなわち、ぬるま湯のような雰囲気にすれば心理的安全性を作れるというのは、大きな間違いです。

心理的安全性のある状態を確保することのメリット

心理的安全性が確保されていると、従業員が主体的に業務を行うことができ、成果を出しやすくなります。

常に他人の目が気になるような職場では、せっかく優れた能力を持っていても緊張を強いられて十分に能力を発揮できなくなります。

一方、適度な緊張感がありつつ仕事に集中できる職場であれば、本来の実力以上の成果を出せることも多いです。

そうしてひとりひとりの仕事のクオリティが高くなることで、組織全体のパフォーマンスが著しく向上することが期待できます。

社内のコミュニケーションが活発になり、情報が共有されやすくなることもメリットの一つです。

各従業員が知っていることを遠慮せずに話せるため、ネガティブな情報が共有されないということが減少し、積極的に業務に必要な情報が共有されることが期待できます。

思っていることを素直に話せるので、斬新なアイデアを提案されやすく、新規のプロジェクトにつながるといったことも考えられます。

心理的安全性のある組織の作り方

心理的安全性が高い状態を作るためには、従業員が発言や質問をしやすい環境を作ることが重要です。

そのような環境を作るために、以下のようなことを行なっていきましょう。

  • 従業員それぞれの価値観や多様性を認める文化を作る
  • 従業員相互で良い人間関係を作れるよう、機会や仕組みを提供する
  • リーダーが率先して様々な人の意見や質問を聞く
  • 声の大きい人の意見を重視するのではなく、その内容で判断する
  • チームで共通のビジョンや目標を持つ

上記のような文化を浸透させたり、従業員それぞれにも上記のような考えを浸透させることで、心理的安全性が高まり、従業員が活躍できる環境が整えられます。

心理的安全性を高め、従業員が定着・活躍できる組織を作ろう

今回は心理的安全性の意味や作り方、誤解されやすいことについて紹介しました。

上述の通り、従業員と企業の双方が成長するための環境を作るための土台が、心理的安全性です。

高いパフォーマンスを発揮でき、かつ働きやすい環境を目指して様々な取り組みを行うようにしてください。

『THANKS GIFT』は、エンゲージメントを向上させる上で重要な理念浸透や社内コミュニケーションを活性化させる、Web社内報やサンクスカードなどの機能を搭載した社内コミュニケーションツールです。

「THANKS GIFT」を活用して従業員エンゲージメントや働きがいを向上させる取り組みを開始しませんか?

エンゲージメントクラウド『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら

心理的安全性