791 view

ミッションを浸透させる方法、おすすめのツール、企業事例を紹介

ミッションを浸透させる方法、おすすめのツール、企業事例を紹介

会社が存在する意味や目的について言語化したものがミッションです。
ミッションや企業理念は、多くの会社が策定していますが、従業員に浸透している企業というのは、そこまで多くないのではないでしょうか。
ミッションは、浸透させる施策や仕組みを講じることで、徐々に従業員に浸透していきます。
今回は、ミッションが浸透するメリット、浸透させる方法や企業事例などについて紹介します。

ミッションとは?

ミッションとは、会社が存在する目的、使命を意味する言葉です。
何のために会社を創業したのか、事業を通してどのような世界を目指すのかを明文化して策定します。
経営学者のピーター・F・ドラッカー氏は、1990年出版の「Managing the Non-profit Organization: Practices and Principles(非営利組織の経営)の中で組織のリーダーが最初におこなう仕事のひとつは、自らの組織のミッションを考え抜き、定義することとしています。
会社のミッションを定義することで、会社の道しるべやあらゆる行動・判断の基準となり、会社の社風を作る礎にもなる、非常に重要なものです。

↓ミッションの役割や作り方を紹介した記事はこちら↓
ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)の役割と事例、作り方を紹介

ミッションが従業員に浸透するメリット

ミッションが従業員に浸透することのメリットを紹介します。

1.従業員が同じ方向を向いて取り組める

ミッションが従業員に浸透することで、会社が存在する理由や何を目指して取り組むかの共通認識が生まれます。
従業員全員の認識が揃うことで、判断や取り組みがミッションから大きくブレることがなく、同じ方向を向いて取り組めるようになります。

2.従業員のエンゲージメントが向上する

従業員にミッションが浸透し、コミュニケーションの齟齬が減る、会社に良い社風が生まれることで、従業員の働きやすさやエンゲージメントが向上します。
ミッションと従業員自身の価値観が近い場合は、会社で働き続ける理由にもなり、結果的に従業員の定着率にも良い影響が見込めます。

3.従業員の生産性が向上する

従業員それぞれで判断や取り組みの方向性がブレないこと、コミュニケーションにおいても根本の考えや価値観が揃っていることなどから、個人でもチームでも仕事が進めやすく、従業員の生産性の向上が期待できます。

ミッションが従業員に浸透している状態とは?

ミッションが従業員に浸透している状態には、大きく3つの条件があります。

  • ミッションの意味や内容について従業員が理解していること
  • ミッションについて共感をしていること
  • ミッションに紐づく言動が行えていること

ミッションについて理解や共感してもらうだけでなく、具体的に行動レベルでミッションに沿った行動が行えている状態を、ミッションが浸透していると言えます。

ミッションの浸透が難しい理由

従業員にミッションを浸透させることが難しい理由について紹介します。

ミッションを定めただけで、浸透の施策を講じていない

ミッションが浸透していない企業の中で一番多い理由が、浸透に向けた取り組みを行っていないことです。
ミッションを定めて終わりになっており、具体的に従業員に説明する、定着させる施策を行っていない場合は、なかなかミッションが浸透しきりません。

ミッションの意味が曖昧

ミッションの抽象度が高すぎる、解釈が分かれる言葉を使っている場合は、上手く従業員にミッションを理解してもらえず、浸透が進みません。
ミッションはできる限り、簡潔かつ解釈の違いが生まれないような言葉を用いることがおすすめです。

同時にビジョンやバリューを設定しない

ミッションはどうしても会社の存続理由や目的を言語化した言葉であるため、従業員にはなかなか理解をしてもらえません。
ミッションと同時に、会社の方向性を定めたビジョンやミッション・ビジョンを実現するための従業員の行動規則を定めたバリューを設定することで、従業員も具体的なイメージを持つことができます。

ミッションと事業内容がマッチしていない

ミッション自体は素晴らしいが、事業内容や従業員自身の仕事内容と上手にマッチしていない場合も、ミッションは浸透しません。
経営陣や管理職が、ミッションから順を追って事業内容や今後の取り組み、業務内容に落とし込んで説明することが必要です。
特に事業の初期は、ミッション・ビジョンの実現と同時にどうマネタイズすることも重要であるため、なかなかミッションとリンクしているように感じ辛いかもしれませんが、今後の方向性を説明することで、解決できます。

ミッションを社内に浸透させる方法

ミッションを社内浸透させるための具体的な方法や施策を紹介します。

ミッションの意味や策定の背景について説明する

ミッションの意味や背景を正しく理解してもらうためにも、全社総会や社員研修など従業員が集まる場所で説明を行います。
ミッションの文章を覚えてもらうのではなく、ミッションに込めた思いや背景について正しく理解してもらい、共感してもらうためにも、定期的に全員が集まる場所で説明を行いましょう。

評価制度に組み込む

ミッションやバリューの体現度合いを評価制度に組み込むことも効果的です。
目標設定のタイミングで、評価の内容や評価の仕方を共有するため、従業員が具体的にどういった行動を行うべきかが理解でき、より行動レベルにまで落とし込めます。

社内ポータルや社内報に掲載する

ミッションを何度も見返して、記憶に定着してもらうためには、社内ポータルや社内報に掲載するという方法もあります。
社内用のシステムであるため、外部には影響を与えず、定期的に見てもらうことが可能です。

サンクスカードのやり取りに組み込む

ミッションに沿った行動や取り組みをサンクスカードを通して、感謝・賞賛することも効果的です。
他の従業員が、ミッションに沿った具体的な行動が可視化されること、感謝や賞賛されることで、同様の行動が組織内で増えていくことが期待でき、社内にミッションが徐々に浸透していきます。

カードにして携帯する

小さいサイズのカードにミッションやその他会社が大事にしていることなどを記載して、ネックストラップで首からかけてもらうことで、ふとした時に見返せ、ミッションを記憶することに繋がります。

↓理念を浸透させる方法や活用したいツールなどを紹介した記事はこちら↓
理念浸透とは?メリットや方法、ツール、企業事例まとめ

ミッション浸透に活用したいツール「THANKS GIFT」

THANKS GIFT_サービスサイトトップ

THANKS GIFT(サンクスギフト)は、感謝を贈り合うことで社内コミュニケーションを活性化させ、社内文化を醸成でき組織や社内の生産性向上、エンゲージメント向上に寄与するツールです。
大手IT製品レビューサイトでは、プロダクトの機能の豊富さや使いやすさ、サポートの充実度などで評価いただき、複数のカテゴリにおいて満足度No.1を獲得しています。

THANKS GIFTの資料ダウンロードページはこちらをクリックください

THANKS GIFT_機能一覧

THANKS GIFT(サンクスギフト)は、感謝や称賛を伝え合うサンクスカードをはじめ、経営者の思いや従業員のコミュニケーションを活性化させるWeb社内報、組織の課題を把握するための組織サーベイなど、組織づくりを行う上で必要な機能を搭載したプロダクトです。

THANKS GIFTを活用してミッションや理念を浸透させた事例

THANKS GIFTを活用してミッションや理念を浸透させた事例を紹介します。

株式会社ベストライフのミッション浸透事例

株式会社ベストライフでは、コロナウイルスの影響で従業員間のコミュニケーションが減少し、代表が従業員に会社の思いや考えを発信する機会が減少しました。
そこでサンクスカードのやりとりの中で、日常的に「理念」や「ミッション」に触れられる環境を整えました。
サンクスカードと経営理念や行動指針と絡めて送り合う仕組みができたことで、今では明らかに「行動指針」を言え、体現できる従業員が増えたとのことです。

株式会社インテリジェントプランナーのミッション浸透事例

株式会社インテリジェントプランナーでは、会社が掲げる理念やミッション浸透のために、理念やミッションを元にした独自のオリジナルコインを作成し、そのコインを元にサンクスカードを送り合う仕組みをTHANKS GIFTで確立しています。
マネジメント層が部下やアルバイトに対して積極的にサンクスカードを送ること、従業員にも感謝することを習慣化させることに取り組んでおり、理念・ミッションの浸透に非常に力を入れています。

↓THANKS GIFTの導入事例一覧ページはこちら↓
活用事例 | THANKS GIFT エンゲージメントクラウド

THANKS GIFTを活用し、ミッションを社内に浸透させよう

今回は、ミッションが浸透するメリット、浸透させる方法や企業事例などについて紹介しました。
ミッションは策定して終わりではなく、浸透させることで初めて効力を発揮するものです。
組織の入れ替わり、新入社員の入社もあるため、常にミッションについては情報発信する必要があります。

『THANKS GIFT』は、その会社の企業理念やスローガンに即したアクションに対して、従業員同士で感謝や賞賛の声掛けを相互で行うことができるサービスです。
『THANKS GIFT』を活用して企業理念やスローガンを浸透させて、従業員全員で同じ方向を向いて取り組める組織を作りませんか?
ぜひ、サービス紹介資料をダウンロードいただき、理念浸透の取り組みに活用できそうかご確認ください。

エンゲージメントクラウド
『THANKS GIFT』の
資料ダウンロードはこちらから

サービス資料に含んでいるもの
  • 機能概要
  • 導入企業インタビュー
  • 料金体系
  • サポート体制
ピアボーナスツール