22954 view

リーダーシップとは?マネジメントとの違いや必要なスキル・資質を紹介

リーダーシップとは?マネジメントとの違いや必要なスキル・資質を紹介

企業において、チームメンバーをまとめる人材に求められるもののひとつがリーダーシップです。

しかし、リーダーシップは誰もが持っているものではなく、資質が必要となります。

そこで、今回は、リーダーシップとは何かやマネジメントとの違い、リーダーシップに必要な資質やスキルについて紹介します。

リーダーシップの意味

「リーダーシップ」は組織が目指す目的の達成のために、メンバーを導く能力を指します。

1822年頃から使用されるようになった、先導者や指導者という意味がある英語の「leader」と位置を意味する「ship」から生まれた造語です。

リーダーシップは、特に上に立つ者に求められている能力だと考えられがちですが、そうではない人にも備わっていればさまざまな面で有効となります。

働き方改革の影響もあり、各企業ではチームを組んでプロジェクトを進める機会が増えています。

そのため、リーダーシップを持つ人材の確保は優先すべき課題のひとつです。

リーダーシップとマネジメントの意味の違い

リーダーシップと似ている言葉として「マネジメント」があります。

目的を達成するために必要な能力という意味では同じですが、完全に同意義というわけではありません。

リーダーシップはメンバーを適切に導く能力であり、マネジメントは目的を達成するための方法を考えて管理をする能力です。

ただ、メンバーを導くためにはリーダーシップに加えてマネジメントも必要となるため、リーダーには両方が求められる場合も少なくないでしょう。

プロジェクトによっては、リーダー役とマネジメント役がそれぞれ存在している場合もあります。

そういった場合には、リーダーがメンバーを導き、マネジメント役が必要に応じて進む方向を修正するのです。

リーダーシップに必要なスキル

リーダーシップには、

  • 目的設定能力
  • コミュニケーション能力
  • 課題発見・解決能力
  • 責任をとる力

といった4つの能力が必要だといわれています。

1.目標設定能力

メンバーを導くためには状況に応じた適切な目標を設定し、「5W1H」を意識した指示をしなければなりません。

そのためにも「目標設定能力」は重要なスキルといえます。

5W1Hとは5つのWである「When(いつ)」「Where(どこで)」「Whom(誰と)」「What(何を)」「Why(なぜ)」、「How(どのように)」のことです。

5W1Hに当てはめて考えれば、より具体的な内容を目的として設定できます。

2.コミュニケーション能力

コミュニケーション能力はリーダーシップを発揮するうえで最重要スキルといえます。

目標に向かってどのように行動すべきなのかを設定できても、それを実行するメンバーに正確に伝わらなければ意味がありません。

普段からメンバーとコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことが重要です。

さらに、自分の意見を伝えるだけではなく、メンバーの意見にも耳を傾ける姿勢も大切なスキルになります。

3.課題発見・解決能力

目標を設定するためには現状の課題を知らなければなりません。

自社の理念や事業内容を理解したうえで、さまざまな情報を分析して課題を見つけます。

課題が見つかったら、それをわかりやすく噛み砕いてメンバーに伝える必要もあります。

目標のクリアのほか、ときにはメンバーに指導やサポートをする機会もあるでしょう。

そのため、課題を発見し、状況に応じた適切な解決能力が求められます。

4.責任をとる力

メンバーとの信頼関係を深めるという意味では、責任をとる力も重要スキルのひとつです。

万が一のことがあったときにも「自分の責任だ」と言い切ることができる潔さは、人望を得ることにつながります。

だからといって、メンバーがミスを犯しても良いということではありません。

業務がスムーズに進行できるように、「人選ミスをしない」「情報共有をしっかりと行う」などが大切になります。

さらに、プロジェクトのリーダーとして抜擢された場合はどのような問題が起きようと柔軟に対応し、最後まで責任をもってやり遂げる強い責任感があることも必須です。

リーダーシップがある人材に必要な資質

リーダーシップがある人材を見極める際には、以下のような能力やスキルを持っているかを確認しましょう。

  • 意思表示がはっきりしている
  • 意思表示までのプロセスが建設的かつ合理的である
  • 適切な目標や目標達成のためのマイルストーンを設定できる
  • 目標を達成するためにやるべきことの棚卸しができる
  • 先を見据えて判断・行動ができる
  • メンバーの意見を積極的に聞いている
  • 情報を適切なタイミングで共有を行なっている
  • 他のメンバーと信頼関係が築けている
  • 1人でやろうとせずに、周りを巻き込んで動ける

全てを兼ね備える必要はありませんが、上記のような能力やスキルを多く持った人材は、リーダーシップを発揮できる可能性が高いと言えます。

リーダーシップを発揮しやすいよう、企業側も支援を行おう

今回は、リーダーシップの意味やマネジメントとの意味の違い、リーダーシップに必要なスキル・資質を紹介しました。
リーダーシップに必要なスキルを習得してもらうとともに、リーダーシップを発揮できる機会を提供できるように、企業側も支援を行なっていくことが重要です。

『THANKS GIFT』は、エンゲージメントを向上させる上で重要な理念浸透や社内コミュニケーションを活性化させる、Web社内報やサンクスカードなどの機能を搭載した社内コミュニケーションツールです。
『THANKS GIFT』を活用して、感謝や賞賛のコミュニケーションを増やして、社内コミュニケーションを活性化させませんか?

エンゲージメントクラウド
『THANKS GIFT』の
資料ダウンロードはこちらから

サービス資料に含んでいるもの
  • 機能概要
  • 導入企業インタビュー
  • 料金体系
  • サポート体制
リーダーシップ