189 view

職場の相手に感謝の言葉を伝える際のメッセージ例文を紹介

職場の相手に感謝の言葉を伝える際のメッセージ例文を紹介

職場の雰囲気を良くし、コミュニケーションを活性化するためには、仕事に協力してくれた同僚やアドバイスをくれた上司などに感謝や尊敬の気持ちを感じるたびに、それを具体的な言葉や態度で表現するのが効果的です。
企業で導入されているピアボーナスにも、メッセージカードなどで感謝の気持ちを伝え合う方法があります。
今回は、職場の相手に感謝の言葉を伝える際のメッセージ例文について紹介します。

職場で感謝の気持ちを表現する際のポイント

職場で周囲の人に感謝の気持ちを伝えることには多くのメリットがあり、社内コミュニケーションの活性化や従業員のモチベーション・エンゲージメントの向上にも役立つため、ピアボーナスとして導入している企業が増えています。
実際に、職場で周囲の人に感謝の気持ちを表現すれば、感謝された側は自分に価値があると認めてもらえた、と感じることができるでしょう。
それだけでなく、実は感謝の気持ちを表現した側、つまり自分にとっても有益なことがあります。
感謝をすることで、自分の健康や幸福感が改善したり、ストレスが軽減したり、適応して回復する能力が上がったりするということが研究によってわかっています。

さらに、人は周囲から感謝をされていると、他者が困った立場にあるときに進んで助けようという気持ちを持つようになるものです。
それに、ただ感謝の気持ちを持って人に接しているだけでも、周囲の人への自制心が高まり、ストレスが溜まって人に八つ当たりするなどの行為も減少していきます。
つまり、職場で周囲の人に感謝の気持ちを持っているということは、自分にとっても周囲にとってもいいことずくめなのです。
ただし、感謝の気持ちは、何かしらの形で相手に伝わる必要があるでしょう。
せっかくいつも感謝を表現しているつもりでも、思ったほど伝わらなくなってしまっている場合もあります。毎日、何かしてもらうたびに口癖のようにありがとう、と定型文のように言う癖がある人を例に挙げてみましょう。
もちろんありがとうと言わないよりは言ったほうがいいのですが、このような場合にはあまりにも日常の言葉になり過ぎて、感謝のニュアンスはかなり薄れてしまっているでしょう。

それでは、感謝の気持ちを言葉で表現する場合、何を心がけるべきでしょうか。
心がけたいポイントは、相手の何に対して感謝しているのか、相手のどんな行動が自分にどんな影響を与えたかをなるべく具体的に表現することです。
また、対面や電話、ビデオ通話で伝えるほか、メールやチャットでも構わないのですが、より効果的に感謝の気持ちを伝えたい場合には、少し時間をかけてメッセージカードを作って贈ることをおすすめします。
それだけの手間をかけて感謝を伝えたいという強い思いが伝わるはずです。

同僚への感謝の気持ちを伝えるメッセージ例文

それでは、具体的に職場の人に感謝の気持ちを伝えたいとき、どんな文章なら感謝の気持ちが伝わりやすいのか、メッセージの例文を挙げますので、参考にしてみてください。
一口に職場の人といっても立場によって表現を変える必要があります。

まず最初に、同じ立場で仕事をしている同僚への感謝の気持ちを伝えるメッセージの例文です。
上下関係のない親しみやすい存在なので、気軽に素直に感謝の気持ちを伝え、風通しの良い関係を築いていきましょう。

○○のプロジェクトのとき、アドバイスをしてくれてありがとう。
××さんの言うことを素直に聞いたことで、仕事がスムーズに進みました。

△△さんがいつも一生懸命仕事をしている姿をみて、私は辛いときに励まされたり、気持ちがだれてしまった自分を反省したりと、良い影響をもらっています。

□□さん、作業を手伝わせてしまってすみませんでした。
本当に助かりました。
今度は私も力になりたいので、困ったときはぜひ声をかけてください。

先輩・上司への感謝の気持ちを伝えるメッセージ例文

次に、先輩・上司への感謝の気持ちを伝えるメッセージの例文です。
仕事をしていく上で何かとお世話になることが多い立場の人なので、特に素直な言葉で感謝の気持ちを伝えていけば、良好な人間関係を保つことができるでしょう。

先日は○○の件で相談に乗っていただきまして、ありがとうございました。
おかげさまでずっと辛かった悩みが解消されて、前向きに考えられるようになりました。
今後も先輩の言葉を忘れずに仕事に励みます。

いつも困っているときに必ず△△さんがやさしく声をかけてくださること、本当に感謝しています。
私も△△さんのように周囲への気遣いのできる人になれるように頑張ります。

先日は××の件でご指導いただきまして、本当にありがとうございました。
□□さんのアドバイスはいつもためになり、私の力になっています。
これからも御指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

後輩・部下への感謝の気持ちを伝えるメッセージ例文

最後に、後輩・部下への感謝の気持ちを伝えるメッセージの例文を挙げます。
仕事を頑張ってくれている後輩や部下へポジティブな言葉をかけることは、人材の育成においてとても重要なことです。
感謝の気持ちを適切なタイミングで伝えることで、頑張っているのになかなか努力が報われないと感じている人材の力を引き出し、結果的に組織力を高めることにも役立つでしょう。

いつも部署の雰囲気を明るくしてくれてありがとう。
○○さんは本当に良いムードメーカーだと思うし、助けられています。
これからもともに頑張っていきましょう。

△△の件ではナイスフォローをありがとう。
実はかなり困っていたので、助かりました。
××さんは本当に気配りが上手なので、その特性を活かしてこれからも頑張ってください。
困ったときはいつでも相談に乗るので、気軽に声をかけてください。

□□の資料のまとめ方、とても素晴らしかったと思います。
おかげで、この企画がスムーズに進みそうです。
本当にありがとう。
これからもよろしくお願いします。

誰に対するメッセージにも同様にいえることですが、何かを感謝するときには誰もが自分を中心に考え、自分語りをしてしまいがちです。
しかし、相手にとってダイレクトに感じるのは、自分を称賛してくれる言葉です。
相手の立場に立って、どんな言葉をかけられたら嬉しく感じるかをよく考えてみましょう。
このようなメッセージカード、サンクスカードをはじめとするピアボーナスをもっと職場に導入したい場合は、「THANKS GIFT」のようなノウハウの豊富な業者によるサービスもありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

社内で感謝を伝え合う仕組み・文化を作ろう

今回は、職場の相手に感謝の言葉を伝える際のメッセージ例文について紹介しました。
社内コミュニケーションは、生産性や従業員の定着に大きな影響を与えるため、会社としても支援や対策を行っていきましょう。

エンゲージメントクラウドの『THANKS GIFT』では、サンクスカードやチャットの機能を通して、日々の従業員の感謝や称賛のやり取りをきっかけに社内コミュニケーションを活性化させたり、チームワークを向上させることが可能なサービスです。
サービス紹介資料をダウンロードして、承認欲求を満たしつつ、従業員エンゲージメントを向上させる活動に活用できるか確認してみてください。

エンゲージメントクラウド
『THANKS GIFT』の
資料ダウンロードはこちらから

サービス資料に含んでいるもの
  • 機能概要
  • 導入企業インタビュー
  • 料金体系
  • サポート体制