社内ポイントのアプリを導入する際に確認したい4つのポイントとは?

社内ポイントのアプリを導入する際に確認したい4つのポイントとは?

社内ポイントを導入する企業が増えていることで、自社での導入を考えている企業も多いことと思います。
社内ポイントは設計とその設計通りに運用できるアプリを選定することが非常に重要で、この選定を誤ると使われなくなってしまう可能性も非常に大きいです。
今回は、社内ポイントのアプリを導入する際に確認しておきたいポイントについて紹介します。

⇒感謝・称賛をきっかけに組織を活性化させるツール『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら

社内ポイントとは

社内ポイントとは、従業員の感謝や称賛の対象の行いに対して従業員同士で送ったり会社から送られるポイントのことです。

ポイントのやり取りやポイントの交換の仕組みを作ることで、感謝や称賛されるべき取り組みを他の社員に共有が行われ、その人のモチベーション向上に繋がったり、コンピテンシー(行動指針)の浸透や行動を促進する仕組みづくりにもなります。

社内ポイントを導入することのメリット

社内ポイント制度を導入する上で、どのような取り組みに対してポイントを付与するかの設計次第ではありますが、次のようなメリット・効果を期待できます。

  • 社内コミュニケーションの活性化
  • 会社の理念の浸透
  • 行動指針(コンピテンシー)の浸透
  • 従業員のモチベーション向上
  • 離職率の低下
  • 感謝や称賛を日頃から行う文化の醸成

ただポイントをもらうことによってモチベーションが向上するだけではなく、離職率の低下や企業の理念や行動指針の浸透など、組織・従業員双方にメリットがあるのが社内ポイントの特徴です。

社内ポイントアプリのサービスを導入する際の4つのポイント

社内ポイントアプリのサービスにも様々な種類がありますが、サービスを選定する際のポイントを紹介します。

1.サービスの仕様と自社の運用がマッチしているか

社内ポイントのサービスの中でも、従業員のやり取りをベースにするのか、企業側から一方的にポイントを提供するポイント管理のシステムがベースなのかによって仕様や活用のされ方が大きく異なります。

そのため、自社での運用方法をイメージした上で、その運用を実現できるかどうかで判断することがオススメです。

2.自社の導入目的に合っているサービスであるか

例えば、自社の理念や行動指針を浸透を目的とするのであれば、理念や行動指針をベースに社内ポイントの送付が行えるような機能が必要ですが、自社の実現したいことができるかを確認することで導入の失敗を防げます。

3.コストや費用対効果はどうか

従業員全員に新しいサービスを使ってもらうことになるので、説明・設定の工数はどのくらいかかるのか、そして使い続けるにあたってどのくらいの費用が発生するかは非常に重要なポイントです。

年間で利用するとなった場合の金額や工数はどのくらいなのかを把握した上で判断しましょう。

4.従業員にとって使いやすい・使い続けたいと思えるサービスであるか

社内ポイントのアプリサービスは、実際に使うのは従業員の人たちです。

利用する上で誰もが使いやすいサービスであるのか、そして遊びごごろがあったりログインがしやすかったりと使い続けたいと思えるような仕掛けがあるのかは、導入後に運用され続けるかが分かれるポイントです。

社内ポイントアプリのオススメのサービス

社内ポイントアプリでオススメのサービスが『THANKS GIFT』です。

約500社と日本で最大級の導入社数を誇るサービスであり、社内コミュニケーションの活性化や会社の理念や行動指針の浸透など様々な目的が導入・運用されています。

金額も他のサービスと比べて安価であり、サンクスカードの機能や景品交換の機能はもちろん、社内チャットやWeb掲示板などと企業と従業員、従業員同士でコミュニケーションが取れるサービスです。

感謝・称賛をきっかけに組織を活性化させるツール『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら

社内ポイントアプリを導入する際のステップ

社内ポイントアプリを導入し、全社での利用を定着させるためには以下のステップで進めていきましょう。

  1. 自社の課題や実現したい組織像を明確にする
  2. 課題や実現したい組織像に合わせて、社内ポイントアプリの選定を行う
  3. 社内ポイントアプリの運用ルールを策定し、設定のマニュアルを作成する
  4. 従業員全員に社内ポイントアプリの導入目的や運用ルールを説明する
  5. チーム・部署ごとに活用推進者を設定し、活用してもらう
  6. 定期的に活用状況を確認し、運用方法を見直す

上記のように、「サービス導入までの準備」「導入の際の説明」「活用の仕組みづくり」を行なっていくことで、導入目的を達成することが可能になります。

社内ポイントを起点に、社内コミュニケーションを活性化させよう

今回は、社内ポイント導入のメリットや社内ポイントアプリを導入する際のポイントを紹介しました。

社内ポイントをきっかけに従業員の定着や活躍を支援する仕組みづくりを行なってみてはいかがでしょうか。

エンゲージメントクラウドの『THANKS GIFT』では、サンクスカードやチャットの機能を通して、従業員の感謝や称賛をきっかけに社内コミュニケーションを活性化させたり、理念浸透に繋げていくことが可能なサービスです。

無料トライアルを行なった上で利用もできますので、サービス紹介資料をダウンロードして、自社の従業員エンゲージメント向上の活動に活用できるか確認してみてください。

エンゲージメントクラウド『THANKS GIFT』の資料ダウンロードはこちら